<取材レポ>豊かな感性育む海老名市の認可保育園「さがみ愛子園・ふたば愛子園」ICT・英語・「SDGs」まで!

シェアする

 知性や感性など、その後の人生の礎となる部分を育むとして重要視されている幼児教育。保育園選びは、単に通いやすさだけではなく、「どのような教育が行われているか」「質の高いものかどうか」慎重に見定めて行いたいものですよね。

 数ある保育園の中でも、食育・ICT・英語・「SDGs」までさまざまな先進的な事柄を教育の中に取り入れているのが「さがみ愛子園・ふたば愛子園」です。その教育の現場を記者が取材してきました。

海老名で歴史と実績がある「愛子園」

 海老名市に長く住む人は「保育園といえば愛子園」というほど、愛子園は海老名市に密着して運営されてきた歴史ある園です。さがみ愛子園は1956年、ふたば愛子園は1958年に創設されました。

出典:愛子園ホームページ

 保育方針として掲げているのが、

①たくましい子
②良いしつけ
③考える子
④意欲のある子
⑤豊かな情操と道徳性の芽ばえ

の5つ。

 この保育目標のもとに園児が毎日健やかに過ごしているのだということは園を見学した誰もが思うこと。

  • 実際に記者も園を取材して園児の様子を見学していると、休み時間は思いっきり遊び、お教室で先生の話を聞くときはしっかりと集中する「メリハリ」が身に付いていることに驚かされました。

「イベントの愛子園」で毎日楽しい

 「イベントの愛子園」というほど、愛子園の大きな特徴となっているのがイベントの豊富さ。毎月もりだくさんで、イベントを通して四季のうつろいを感じたり、協調性を育んでいます

ひとつのイベントが終わると、すぐ次のイベントへの準備が始まるので、子どもたちも毎日ワクワクした気持ちで過ごせます。えびな市民まつりで和太鼓を披露しているのも愛子園です。

大人顔負け!先進的幼児教育を実践

 愛子園では、さまざまなジャンルの教育を実践しています。古くからICT教育には力を入れ、今年度からはプログラミング教育の「モデル校」として先進的な教育が行われます。

 英語では、あの「ECC」とタッグを組んだ教育を展開。今注目の「SDGs」もゴールをひとつずつ学んでいき、大人顔負けの知識を蓄えていきます。

 幼児のうちに、さまざまな事柄を伝え感性や知性を育みたいというのが園の考え方。家庭では手の届かない分野・専門性の教育を行ってくれるとあって、保護者からは大変好評です。

7月から開催!未就学児保育では「無料」で英語学ぶ

 愛子園では、地域貢献事業として未就学児の親子向け講座も行っています。ECCで質の高い英語教育を未就学児から触れるチャンス。参加費や受講費など一切の負担がなく海老名市外からも受け付けています。7月からの人気の講座のため、希望者は早めにお申し込みをおすすめします

  • ここまで、さがみ愛子園・ふたば愛子園の教育をお伝えしてきました。しかし、やはり皆様ご自身の目でご覧になるのが一番。詳しい教育の内容はお問合せください。

さがみ愛子園:海老名市河原口2丁目1-12(グーグルマップはこちら
ふたば愛子園:海老名市国分北3丁目1-43(グーグルマップはこちら

SDGs特集ページへ

住所

神奈川県海老名市

問い合わせ

一般財団法人春秋会 さがみ愛子園・ふたば愛子園

電話

046-231-0846

046-231-0846

上記はさがみ愛子園の番号
ふたば愛子園は046-231-1636

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-05-31

関連タグ