「夏は夜」7月~9月の大磯市〈おおいそいち〉は夜開く

「夏は夜」7月~9月の大磯市〈おおいそいち〉は夜開く

 毎月、第3日曜日に開催される大磯市(いち)、7月から9月までの3カ月は、いつもの「朝」開催から、夕方へ。「夜市」として17時に始まります。
 会場となる大磯漁港周辺には、約190店舗の手作りクラフト店やキッチンカーが並びます。いつもの大磯市よりも、飲食店が(若干)多いのが「夜市」の特徴。

アルコールもあります!

 例えば、三浦野菜と薬膳カレー弁当、サンミッシェルの湘南タコス、ローストビーフを主体とした洋風家庭料理、湘南朝獲れの漬けしらす&手造り烏賊の塩辛、大磯町の自家焙煎珈琲豆などなど。アルコールを扱う星空の下小さなバル、も出店します。

 2010年から始まったこのイベントも、今年で8年目。出店の条件は、ハンドメイド、かつ、独立している(企業などに属していない)個人、大磯に関係のある個人、法人が中心です。 
 運営者の一人、原大祐さんは「港が会場ですから、出店者の数は限られていて、毎回200件弱です。出店の数よりも、出店者と来場した方、出店者と出店者、来場者と来場者、コミュニティ生まれる、のが大磯市の魅力」と話します。
 昼間の暑さが残る港で、潮風にあたりながら、ビール片手に家族でそぞろ歩き、オススメです。

 来場は公共交通機関を。JR大磯駅より、南に下り(大磯小学校側です)ゆっくり歩いて15分ほど。
 駐車場はありますが、夏の間は常にほぼ満車です。港の隣りは、海水浴場ですので、慢性的に交通渋滞が発生します。

開催日

毎月第3日曜日開催。
7月~9月の3カ月間は夕方17時スタート、20時30分まで。
それ以外の月は9時から14時まで。

住所

神奈川県中郡大磯町大磯1398-18

大磯漁港周辺。

ホームページ

https://www.oisoichi.info/

人気記事

注目