太陽が当たる時のみ咲くカタクリ 八王子の片倉城址公園が名所

太陽が当たる時のみ咲くカタクリ 八王子の片倉城址公園が名所

片倉城址公園に咲くカタクリ(提供写真)【カタクリ】…ユリ科。開花時期は3月下旬から4月上旬。薄紫色の花が下向きに咲き、太陽があたる時のみ開花するのだという

 片倉城跡公園(片倉町)に咲くカタクリが見ごろを迎える。公園が開所した1972年から薄紫色の花を咲かせてきたこのカタクリは「名所」として八王子市内外から人を呼び寄せています。

 「可愛らしい」「こっちにも咲いている」――。毎年、3月下旬から4月初めにかけて城跡公園内に咲くカタクリ周辺ではそんな声が聞かれます。JR・京王片倉駅からそれぞれ徒歩5、6分程度で国道16号線沿いと、山中などでしか目にする機会が少ないカタクリを身近に楽しめるスポットとして、市内外から人が集まってくるようになって久しい。なかには毎年、見学ツアーを組んで来園するグループの姿もあるのだといいます。

 「大学教授など影響力のある方がこの花に触れてより有名になったと思います」と城跡公園の管理を行っているNTアーバンビレッジパークの統括所長を務める矢澤英陵さんは話しています。

満開時には公園内の斜面に群生

 矢澤さんによると公園が開所した当初からこの直径15センチに満たない繊細な小花は来園者の目を楽しませてきたのだといいます。満開時には公園内の斜面一帯に薄紫色の群生が見られるようになり、地域に春の訪れを知らせる役割を果たしてきました。

 10年以上にわたってこの花を見守ってきたというNTアーバンビレッジパークの田中健さんは「カタクリを見かけるようになると忙しい季節になるなぁと感じますね。暖かくなって増えてくる野草を刈らなければいけなくなるので」と笑います。

太陽が当たる時のみ咲くカタクリ 八王子の片倉城址公園が名所

管理にあたる田中さん

 そして、「水分」を好むカタクリにとって湯殿川などが近くを流れ、湧き水の水源地でもある城跡公園は住みやすいのでは、と話しています。一方で薄紫色の花を見守るように取り囲む公園内の雑木林もカタクリを守っているのだといいます。「直射日光を避け適度な光をカタクリに通す役割を果たしているんです。自然のままを大切にしてこの公園を管理してきたことが名所を生んだのだと思います」

雑木林とカタクリの共存の難しさ

 そんなカタクリも名所ならではの悩みがあるのだといいます。その1つが盗難。口コミが広がり注目が集まるのと比例するように、心無い人によって花が持ち去られる事例が増えているのだといい、またその風景を残そうとすることが、公園内の整備が進まない要因の1つになっているとも矢澤さんは話しています。「公園内の雑木林はこれ以上成長するとカタクリへの日光の光を遮ってしまう恐れがあるんです。根本から伐採して若返らせる手もあるのですが、それでは今の里山風景を崩すことになる。難しいところです」

 一方、田中さんは「カタクリは八王子などの一部多摩地域では絶滅危惧種の1つとされているようです。皆さんには大切に見学してもらいたいと思います」とし、城跡公園は今春、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、花見などの宴会自粛をお願いしています、とも話しています。

住所

東京都八王子市片倉町2475

JR・京王片倉駅からそれぞれ徒歩5、6分程度で国道16号線沿い

人気記事

注目