宮前地区連合町内会が川崎市の産業を視察研修【2019年3月22日号】

シェアする

このイベントは終了しました。

熱心に耳を傾ける参加者ら

宮前地区連合町内会(持田和夫会長)の視察研修会が8日に行われ、46人が参加した。

三菱ふそうトラック・バス株式会社川崎製作所(中原区)で製造過程を見学。その後、川崎キングスカイフロント東急REIホテル(川崎区)で市臨海部国際戦略本部職員から「水素社会の実現に向けた川崎水素戦略」について説明を受けた。同ホテルは使用済みプラスチック由来の低炭素水素を電気や熱に変換して使用している世界初の水素ホテルだ。持田会長は「宮前区にとどまらず、市内の素晴らしい取組を知るきっかけになる」と話した。懇親会では町会運営に関わる意見交換が活発に行われた。

川崎市町内会・自治会ページ

開催日

2019年3月8日(金)

住所

神奈川県川崎市川崎区 川崎キングスカイフロント東急REIホテル

公開日:2019-03-22

関連タグ

同じ特集の記事