自由で多彩なキルトの世界 テーマは「オリンピック・パラリンピック」@三浦市民交流センター

自由で多彩なキルトの世界 テーマは「オリンピック・パラリンピック」@三浦市民交流センター

展示作品を手にする代表の藤田さん(前列左)と会員

市民交流センターで作品展

「横須賀パッチワーク・キルト協会三崎支部」主催の作品展が、9月14日(月)まで三浦市民交流センター(ベイシア三浦店2階)で開かれている。

 テーマは「オリンピック・パラリンピック」。会員で協力して作り上げた207の国と地域の旗や、東京大会の公式エンブレム、五輪カラーを配したキルト作品などが並ぶ。そのほか、バッグやポーチ、ベッドカバーといった生活雑貨、1956年から23年間、『週刊新潮』の表紙絵を担当した谷内六郎氏(1921―1981)の絵画をキルトで表現したものまで力作ぞろい。

キルトの魅力

 横須賀・三浦地域を拠点とする同協会では、市民講座や作品展をきっかけに入会した約80人がキルトづくりを楽しみ、そのうち、約10人が三崎支部に所属。同センターで月に1回教室が開かれている。

 キルトの魅力について、メンバーは「ピースが1つひとつ出来上がり完成する達成感」と語る。また、生地は個々の作りたいものに応じて自由に選ぶため、子どもの祝い着や大島紬・藍染めなどの織物・染め物を使う人も。「色や柄の組み合わせの楽しさだけでなく、作品として長く残るので、思い出を振り返られるのも魅力」

 当初は今年4月に企画されていた同展。新型コロナウイルスの影響で6月の延期からさらに9月開催となり、活動も思うように出来なかったという。藤田貴世美理事長=人物風土記で紹介=は、「ステイホーム中、時間をかけて作った温かみある作品を見てもらえたら」と話している。

 入場無料、午前9時から午後9時。会員在館は午前10時(初日午後1時)から午後5時。

 詳細は事務局(藤田さん)【携帯電話】090・8310・2504

*  *  *

 また、同協会は11月13日(金)から17日(火)に横須賀市文化会館(横須賀中央駅から徒歩約10分)でも作品展を開催する。第73回横須賀市民文化祭の一環で、テーマは「ねんりんピックかながわ2022」。

 午前10時から午後5時(最終日は4時まで)。入場自由。問い合わせは前述同じ。

開催日

2020年9月11日(金)~2020年9月14日(月)

午前9時から午後9時
初日は午後1時から午後5時まで

2020年11月13日(金)~2020年11月17日(火)

横須賀文化会館で作品展
午前10時から午後5時(最終日は4時まで)。入場自由。

住所

神奈川県三浦市三浦市民活動センター

費用

入場無料

問い合わせ

事務局 藤田さん

電話

090-8310-2504

090-8310-2504

注目