featureBanner

絶景ウオーキングやツーリング。小さな感動がいっぱいの湘南ライフ<わたしの茅ヶ崎暮らし>

シェアする

茅ヶ崎市浜竹 株式会社リアルネット 山田浩貴(やまだ・ひろたか)さん
2010年から茅ヶ崎市内の不動産会社に勤務し、湘南エリアの不動産を知り尽くしているプロフェッショナル。職業柄、茅ヶ崎のタウン情報にとても詳しく、不動産情報にプラスして暮らしに密着した情報をお客様に伝えている。趣味はツーリングと食べ歩き。湘南エリアのおいしいものには目がない!

“絶景ウオーキング”から一日がはじまる

山田さんの朝は早い。朝5時に起きてサウナスーツを着込み、およそ1時間の散歩をしてから仕事に向かうのが日課だ。早朝の散歩は何年も前からの習慣で、往復8~9kmを歩いたり、軽くジョギングしたりと、その日の気分や体調によってスピードを変えているそうだ。

「朝の海を見るとやる気スイッチが入ります。この写真を見てください。すごく気持ちがいいでしょう?」とスマートフォンを見せてくれた。朝の海の写真はどれも違った表情があり、山田さんがこの景色に感動している様子が伝わってきた。

とくにおすすめの散歩コースと聞くと「茅ヶ崎からの散歩としてはロングコースかもしれませんが・・・」と前置きしつつ、「江島神社」の魅力について教えてくれた。

「朝の江島神社は特別なんですよ。江の島の頂上まで行くと島の猫たちが朝の集会をしていて、めちゃくちゃかわいいんです(笑)。朝だけの特権なのでぜひ」とニコっと表情が和らぐ。日中よりも朝のほうが猫遭遇率は高いそうだ。

なんと山田さん、この毎朝のウオーキングが功を奏し、わずか2か月間で10kgの減量に成功!  久しぶりに会う仕事仲間にも「すっきりしたね!」と驚かれることが多いとか。無理なくダイエットができた秘訣は、朝の“絶景ウオーキング”が鍵を握っているに違いない。

<コラム>「江の島」の表記
全国的にも有名な江の島ですが、実はいろいろな「江の島」が存在するんです!
・地名は「江の島」
・駅名は「片瀬江ノ島」
・島内にある神社は「江島神社」(読み方は「えのしまじんじゃ」)
これを知っていたら、あなたも“湘南通”!?

魅力いっぱいのツーリングは茅ヶ崎から

山田さんの趣味は、ツーリングだ。月に2~3回は地元のバイク仲間たちと一緒に出かけているという。山田さん流の楽しさを聞いてみた。

「気の合うバイク仲間が集まって、バイクのパーツやカスタマイズ方法を情報交換できるのが面白いですね。もちろん、バイクにまたがってきれいな景色を見て、その土地のおいしいものを食べることも楽しんでいます。友だちがSNSに写真やGoProで撮影した動画をアップするので、それを後から見返すのもまた、いい時間なんですよ」

茅ヶ崎から高速に乗れば、山中湖方面、宇都宮方面、箱根方面など、関東近郊の観光スポットのアクセスはよく、行き先の選択肢は多い。

「先日は小田原まで行ってきました。小田原港のお寿司屋さんの朝ご飯を目当てにバイクを走らせたあと、グルッと宮ヶ瀬ダム方面まで向かいましたね。これは海も山も楽しめる欲張りコースです」と教えてくれた。

それから「ライダーの聖地」と言われている栃木県の「安住神社」にも茅ヶ崎からは行きやすいのだとか。「実はパワースポットへ行くのが好きなので、ツーリングの目的地に神社を選ぶことが多いです。安住神社はバイク乗りの聖地で、ライダー向けのイベントもやっているんですよ。安全運転・無事故をお願いするときには、東北道を走って安住神社まで。どこへ行くにも茅ヶ崎はいい場所だなって思います」

話の流れで、茅ヶ崎近隣のおすすめ神社も聞いてみた。「ん~、この辺はいい神社がたくさんあって悩みます。鎌倉の鶴岡八幡宮は学問の神様、江島神社も恋愛の神社で有名ですし。1つ選ぶなら寒川神社かな。資格取得の試験など、ここぞ!というときにお参りするのは寒川神社と決めています」とのこと。

小さな頃から家族と出向いていた寒川神社は、馴染み深くてご利益のある神社だそうだ。

茅ヶ崎は、ゆっくり流れる時間と人のよさが心地いい

これまでのお話からも伝わってくるように、日本各地のまち歩きの楽しさを魅力一杯に話してくれる山田さん。この好奇心は不動産販売の仕事にも大いに生かされている。ここ数年で茅ヶ崎エリアは、東京にも近く、海・山の自然も楽しめるまちとして人気を集めているため、遠方からの移住を希望するお客さんを案内する機会も増えた。

茅ヶ崎への引っ越しを考えている方に向けて、どのようなことを伝えているのだろうか?

「まずは物件の立地や敷地の状態、日当たり、街灯があるかないかなど駅から物件までのアクセス、敷地の境界がはっきりしているか、などかな」と、専門家の言葉が並んだ。購入予定物件の建物の状態や善し悪しの見極めも不動産販売員の目利きにかかっているため、正しい情報収集が大切だ。

「僕の場合、お客様に物件を紹介するときには、まちの魅力についてもお話しちゃいますね。スーパーはここが安いとか、おいしいレストランだとか。茅ヶ崎って個人のこだわりをもったお店が点々としていて、食べ歩きにももってこいですよ。そういったおすすめ情報を交えながら、正直にお話することを心がけています」

まちの魅力を知り尽くした山田さんに「茅ヶ崎の最大の魅力は何だと思いますか?」とたずねた。すると、少し考えた後に「茅ヶ崎の良さは、人かな。茅ヶ崎の人って心があったかいです」と話してくれた。山田さんご自身の暮らしを振り返っても、人と人との心の交流があり、子どもを育てる環境としても自信を持って勧めることができるという。

「このあたりは何かあったら手助けしてくれる雰囲気があって、自分には居心地のいいまちです。時間の流れがゆっくり感じられるのも魅力だと思います。例えば、歩き方ひとつでも急いだ雰囲気の人ってあまり見かけないですし、のびのびできますよ」

これからは海の魅力にハマってみたい

最後に、これから挑戦してみたいことはあるか尋ねてみた。

「やっぱり海が大好きです。でも僕は海を見るばかりだったので、今度はマリンスポーツをやってみたい。サーフィンができたらかっこいいなぁ。釣りでもジェットスキーでも良さそうですね」と少し恥じらいながら笑顔で語ってくれた。

山田さんとお話をしていると、日常の中に小さな感動がたくさんあることが伝わってくる。屈託のない笑顔には、暮らしの充実感が込められているように感じた。

Information
■株式会社リアルネット http://www.real-net.co.jp/
■江島神社 http://enoshimajinja.or.jp/
■寒川神社 http://samukawajinjya.jp/
■安住神社 http://yasuzumi.com/

あわせて読みたい記事

#ちがすきトップページはこちら

公開日:2021-04-01

同じ特集の記事