featureBanner

(株)Yumeらいふ/茅ヶ崎ではじまる“人生のゲートウェイ戦略”の実行へ〈#ちがすき 公開記念インタビュー〉

シェアする
(左から)インタビューに応える「(株)ユーミーホールディングス」常務取締役の西山和成さんと「(株)Yumeらいふ」代表取締役社長の木下卓司さん

茅ヶ崎を好きになってもらい、暮らしてみたくなる最新の茅ヶ崎情報を発信するWebマガジン「#ちがすき」が、ついに2021年4月1日にオープン!協賛スポンサーである地元不動産・建設会社などに特別インタビューを行いました。「#ちがすき」にかける思い、茅ヶ崎市への将来の期待感などを聞いてきました。

株式会社Yumeらいふ/茅ヶ崎市幸町

茅ヶ崎駅南口1分・雄三通りにある「ユーミーらいふ茅ヶ崎店」から海岸までは徒歩20分。海まで一直線なので散策ついでに訪ねてみよう

『湘南をさらに住みやすく。さらに元気に』ー。茅ヶ崎東海岸への玄関口となる茅ヶ崎駅南口「雄三通り」に佇む駅前唯一の黄色い建物が目印の「(株)Yumeらいふ」は、“カエル”でお馴染みの湘南エリアNo.1の建設・不動産事業を展開する「ユーミーらいふグループ」の中でも最も新しい企業として2019年4月にオープンしました。

賃貸を主力とする「ユーミーらいふ茅ヶ崎店」、売買物件を豊富に扱う「イオンハウジング」(イオン茅ヶ崎中央店・イオン海老名店)、シェアオフィス&レンタルスペース「Yume Space Chigasaki」を展開するなど、世代問わず夢の茅ヶ崎ライフを実現&満喫できるよう“人生のゲートウェイ戦略”を掲げ、暮らしに寄り添う拠点づくりを行っています。

  • まずは、協働サイト「#ちがすき」に協賛された理由をお聞かせください。

(木下社長=木下、西山常務取締役=西山)

木下 実は2019年のオープン間もない頃、茅ヶ崎市役所に伺い、当社2階シェアオフィス&レンタルスペースを活用した女性起業家を育成するための拠点活用、婚活イベント「街コン」開催の企画を持ち込み、提案させていただいたことがありました。

間もなくのコロナ流行で企画の具体化は実現できませんでしたが、茅ヶ崎の人たちが自然と集まる交流拠点を作りたい当社の理念と今回の協賛事業の計画がマッチングしたことから協賛に至りました。

西山 不動産企業のゴールは、建物を作ることではなく、地場産業の活性化ならびにエリア価値の向上にあります。公共施設の利用緩和など茅ヶ崎市にしか出来ない部分と私たち民間企業が得意とするツアー企画など官民連携で補い合い、茅ヶ崎全体がハッピーに潤うよう今回の協賛をきっかけに少しでも寄与できればと考えております。

口コミで利用者数が増えているシェアオフィス&レンタルスペース「Yume Space Chigasaki」

また今回、茅ヶ崎市の企業型ふるさと納税にも協賛させていただいたのですが、不動産価値の向上は「教育」とも密接です。「茅ヶ崎は安心できて楽しいまち」と誰もが思えるよう、未来の茅ヶ崎を担う子どもたちのためにも社会福祉教育の環境整備も進化する街になればと願っております。やがて成長した子どもたちが「茅ヶ崎で働き、住みたい」という理想の流れが創出できればと思います。

  • 「#ちがすき」にかける思いとは?意気込みを教えてください。

木下 「茅ヶ崎って楽しそうだな」と思える情報発信につながればと思います。当社のオフィス&レンタルスペースには絵本の読み聞かせイベントやヨガ、企業面接など実に様々な目的で地域の方が訪れています。ご利用をきっかけに就活中の大学生が当社の正社員に採用されたケースも。

利用料金は24時間ご利用可能なオフィス会員は月額10,000円~、20名まで収容のレンタルルームは1時間2,000円~、会議室は1時間700円 ※全て税別 とリーズナブルなこともあり、口コミで認知度は広がりご利用者数は300名を達成した月もありました。

茅ヶ崎に遊びに行きたい、移住したい、イベントに参加したいなど、「#ちがすき」ページも様々な方が訪れる情報発信拠点になればと思っております。

ユーミーらいふグループ企業「丸山アーバン」が手掛けた茅ヶ崎・高砂通り沿いの「たかすなヴィレッジアネックス」1Fにレストラン、2Fにコワーキングスペースを設ける

西山 茅ヶ崎は「湘南茅ヶ崎」と呼ばれることがありますが、「茅ヶ崎は茅ヶ崎」なんですよね。他の地域にはない緩やかな空気感と言いましょうか、茅ヶ崎にしかない風土がそう自然と意識させるのでしょう。

地域の魅力を知るには「食」=「茅ヶ崎のソウルフード」を知ることも大事ですね。「食べに行ってみたいな」など、この「#ちがすき」を通じて茅ヶ崎に訪れる関係人口の増加とともに、最終的には「暮らしてみたいな」という反響が取れるよう期待したいです。

  • 茅ヶ崎への移住者が増えております。住まい、暮らしに携わる企業としての茅ヶ崎市への思い、今後の期待感についてお聞かせください。

木下 特にコロナ以降の夏は部屋探しをされる方が多く、茅ヶ崎への住み替え需要の高さはまさに実感している日々です。平日は都内、週末はセカンドハウスへと茅ヶ崎に遊びに来られていた方が「定住」されるという流れが活発化しています。賃貸・土地開発・建て替え事業と2021年は自社管理物件200戸を目標に掲げています。

「お部屋の賃貸から売買物件、働く場所までお任せください」。最近は「東海岸」アドレスの地域がよりいっそう人気を増している

西山 賃貸・仮住まいのトライアルステイから移住定住へ。当社は賃貸を主力としていますが、やがて茅ヶ崎での定住を考えられるお客様にも応えられるよう、売買物件の事業も展開しはじめました。

木下 買い物ついでに気軽に物件探しができるよう商業施設「イオン茅ヶ崎中央店」内にある「イオンハウジング」にて売買物件を豊富に取り扱っています。ご家族のライフスタイルに合わせて賃貸から戸建て・マンションへの住み替えを検討されるお客様が多いです。

西山 当社は住まいを作ってからがスタートだと考えております。茅ヶ崎はかつて著名なエンターテイナーたちの別荘地として栄えた町でした。茅ヶ崎からはじまる“人生のゲートウェイ戦略”として、老若男女問わず茅ヶ崎を好きになってもらえるよう、茅ヶ崎の風土に合う建物を創り、賑わいを創出する楽しいイベントや情報発信を積極的に行ってまいります。

▼関連記事を読む

あわせて読みたい #ちがすき 公開記念企業インタビュー

その他の企業インタビューもぜひ読んでみてください。

#ちがすきトップページはこちら

住所

神奈川県茅ヶ崎市幸町21-34

問い合わせ

株式会社Yumeらいふ

電話

0467-50-0501

0467-50-0501

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-04-01

関連タグ

同じ特集の記事