featureBanner

<桜満喫編>秦野の名所「はだの桜みち」で楽しむショッピングウォーク

シェアする
「富士見大橋」からの景色は撮影スポットとしても注目

桜のまち、秦野。咲き誇る桜をゆっくり観賞しながらウォーキング&ショッピングなんていかがですか?

今回は、秦野市の桜の名所である「はだの桜みち」と水無川沿いの桜並木を歩く、約10㎞の桜満喫コースを紹介します。もちろん、ショッピング&グルメ情報もお楽しみに!

▼紫色のアイコンをチェックするとこの記事で紹介するスポットを確認できます

※営業時間などの店舗情報は変更している場合がございます。正確な情報は直接お店にご連絡ください。

1.秦野駅南口

小田急線「秦野駅」改札口を出て左に進み、南口からスタートです。

この南口は平成9年(1997年)に開設整備されました。商業施設が立ち並ぶ北口とはまた雰囲気が異なり、開放的で閑静な玄関口という印象です。あちらこちらに彫刻があるのも特徴です。

2.太岳院・今泉名水桜公園

秦野駅南口から徒歩約5分。建築家の安藤忠雄さんが設計に携わった公園一体型の寺院「太岳院」(たいがくいん)が現れます。

隣接する湧水と桜の景色が美しい「今泉名水桜公園」(いまいずみめいすいさくらこうえん)は、ほぼ一年を通して桜が楽しめるように開花時期が異なる18種類の桜が植樹されており、“桜のリレー”が繰り広げられている公園です。

3.はだの桜みち

公園を出てほどなくすると、丹沢を一望できる高台住宅地「今泉台」に出ます。外国を思わせる統一感ある色調の住宅地。斜面を生かした庭園の緑は目を奪われます。

15分ほど歩くと、いよいよ神奈川県内で一番の長さを誇る桜並木「はだの桜みち」に入ります。全長6.2kmの桜のトンネルです。

「はだの桜みち」に出たら右へ。空をおおうソメイヨシノのトンネルを眺めながら、ゆっくり坂を下っていきましょう。

4.はだのじばさんず

国道246号まで出ると、秦野の台所「はだのじばさんず」(JAはだの)があります。その日の朝に収穫した農産物を農家の人たちが持ち寄り、自ら値段を決めて陳列をしています。原材料にこだわった加工品なども。

秦野の特産物さくら漬けのほか、「はだのブランド認証品」も揃っていますよ。

5.秦野市カルチャーパーク

再び桜満喫ウォーキングへ。秦野の桜絶景スポットとして名高いのが秦野市カルチャーパーク秦野の大動脈とも言える水無川沿いは、神奈川県内でも有数の名所です。

川に向かって枝を伸ばすソメイヨシノは圧巻の一言。「富士見大橋」からの景色は撮影スポットとしても注目したいところです。

子ども連れなら、「ペコちゃん公園はだの」(中央こども公園)にも注目。”桜とペコちゃん”の可愛いお花見写真が撮れるお花見スポットです。

では、水無川沿いの遊歩道をゆったりと歩きながら、秦野駅への帰路へつきます。

水無川はその名の通り、地下水として水が流れているため、晴れた日が続いたときにはほとんど水がありません。雨で増水していないときは、河原で遊ぶ子どもたちの姿も見ることができます。

6.名産センター

富士見大橋から秦野駅までは徒歩約35分。長い桜満喫コース、ゴールは秦野駅北口です。「楽しかった!」の思い出を持ち帰るなら、秦野駅直結の小田急マルシェ1階にある「名産センター」(TEL.0463-83-6477)に立ち寄ってみて。営業時間は9時から19時。秦野市の名産品が揃っています。

ウォーキングしながら桜とショッピングを楽しむ満喫コース、いかがでしたか?桜のまち、秦野にはまだまだ季節によって楽しめる桜の種類がたくさん、美味しい楽しいお店もたくさんあります。また、ぜひ立ち寄ってくださいね。

あわせて読みたい「はだの桜みちショッピングコース」

はだのにぎわい商店街ページへ

公開日:2021-03-22

同じ特集の記事