featureBanner

秦野市カルチャーパーク/水無川でソメイヨシノ散策

シェアする
秦野を代表する桜の絶景(カルチャーパーク)/「富士見橋上」より

秦野を代表するお花見スポットと言えば「カルチャーパーク」。東京ドーム約6個分の広さを誇る公園内のあちらこちらで表情豊かな桜の景色、お花見が楽しめます。

カルチャーパークの紹介はコチラ

絶景スポットは水無川(みずなしがわ)沿い

特に秦野の大動脈とも言える水無川沿いは、神奈川県内でも有数の名所。ソメイヨシノをはじめ、おかめ桜、しだれ桜など約600本からなる500mの桜のトンネルが楽しめます。

川沿いの遊歩道では桜のトンネルをくぐることができ、鮮やかなピンクに圧倒されます。のんびりお花見散策したい方におすすめです。

水無川の紹介はコチラ

おすすめ撮影スポットは「富士見大橋」から

「富士見大橋」から撮った水無川沿いの桜

お花見に欠かせない写真。水無川沿いならどこからでも美しい写真が撮れますが、中でもおすすめなのが、交差点「富士見大橋」から撮る景色です。

桜、丹沢、水無川と秦野ならではの景色を一枚の写真に収められる、絶景ポイントです。

満開の頃は思わずため息が出るほど、桜の景色が広がります。

芝生の上でのんびりお花見

川沿いは芝生が敷かれているので、シートを広げてのお花見に最適です。

お花見のピーク時は、毎年大勢の人々で賑わいを見せます。

川の増水に気を付けながら、芝生でのんびりお花見を楽しんで下さい。

水無川休憩スポット情報などはコチラ

夜桜ライトアップも

毎年、水無川沿いでは夕方からライトアップが楽しめます。500mの淡く光る桜のトンネルはまさに神秘的。異世界にトリップしたような気持ちになれます。

「富士見橋」上から撮った夕方の写真。明かりが灯り始めると、昼間の趣とは全く異なるムード満点の景色が撮れます。

親子向けお花見スポット


カルチャーパーク内にあるこども中央公園には子どもたちに大人気のロング滑り台をはじめ、大型遊具が充実しているスポット。子どもがお花見に飽きてしまったとしても、心強いエリアです。

なお現在は、こども中央公園ではなく、2018年より「ペコちゃん公園はだの」として親しまれています。ペコちゃんと桜とのフォトジェニックな写真が撮れるでしょう。

ペコちゃん公園レポート記事はコチラ

ロング滑り台からは水無川沿いの桜と同じ目線で楽しむことができます。


大勢の人たちがシートを広げ、お花見を楽しみます。水無川の桜を望むことができます。地面はクッション素材になっているので、子どもから高齢者にも優しいお花見スポットです。

秦野さくら特集

住所

神奈川県秦野市平沢148

アクセス方法/秦野駅から徒歩で約25分。秦野駅からバスの場合は秦野駅北口(3番のりば)から乗車「カルチャーパーク前」下車。東名高速「秦野中井IC」から約15分。 

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2017-04-01

関連タグ

同じ特集の記事