「鎌倉の至宝」約40点展示 @鎌倉国宝館

シェアする
当麻曼荼羅縁起絵巻(下巻・部分)光明寺蔵

  鎌倉国宝館(鶴岡八幡宮境内/山本勉館長=人物風土記で紹介)で現在、特別展「鎌倉の至宝」が開催されている。

名品の約40点を展示

 国宝・重要文化財をはじめとする名品を一堂に展示。『当麻曼荼羅縁起絵巻』(国宝・光明寺蔵)や『虚空蔵菩薩像』(重文・円覚寺蔵)など同館が収蔵する5千点の文化財の中から選りすぐりの約40点が並ぶ。

 開館は午前9時から午後4時30分まで。月曜日定休(5月3日は開館、6日は休館)。一般400円。5月9日(日)まで。

山本勉館長の紹介記事はこちら

開催日

2021年3月20日(土)~2021年5月9日(日)
午前9時から午後4時30分まで。月曜日定休(5月3日は開館、6日は休館)。

住所

神奈川県鎌倉市鎌倉国宝館(鶴岡八幡宮境内)

費用

一般400円

問い合わせ

鎌倉国宝館

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-04-30

関連タグ