【取材レポ】里地・里山の風景を次世代へ!秦野市の里地里山を育む会の活動をレポート

シェアする
放棄地や休耕地の再生活動をしている「秦野市の里地里山を育む会」

神奈川県央の西部に位置し、丹沢の山々に囲まれた秦野市。そんな自然豊かな秦野市で直面しているのが、高齢化などによる里地里山の荒廃です。そんな放棄地や休耕地の再生活動をしているのが「秦野市の里地里山を育む会」。代表の浅見一義さんに話を聞きました。

秦野市の里地里山を育む会は、1994年に設立。荒廃した里山を整備し、ごみ拾いや植樹など環境活動を行っています。浅見代表は神奈川県地球温暖化防止活動推進員や秦野市が進める「森林づくりマスタープラン」の市民代表などを務めてきました。

目指すは里山公園

  • 西田原のゴルフ場「秦野カントリークラブ」入口ゲートそばにある里山に、2000年頃からおかめ桜や河津桜などを植樹春には約5000㎡の畑一面に菜の花が咲き、里山風景を楽しめます。「誰もが楽しく過ごせる里山公園にしたい」と浅見代表。

外国籍の市民も活躍

活動を続ける中で、市内に住むラオス人夫婦から相談があったといいます。「野菜を作りたいが、土地がない―」。そのとき、高齢化や後継者不足で管理できなくなった休耕地を利用することを思いついたといいます。

  • 自身が持つ約300坪の土地を9家族に無償で貸与。すると農作業だけでなく、交流の場にもなったそうです。その評判を聞き、カンボジアなど多くの外国籍の人が参加するようになり、2016年にはラオスの駐日大使が視察に訪れました!さらに「休耕地を管理して欲しい」と土地所有者からの要望も増え、現在は西田原や下大槻などの7カ所を管理しているそうです。

土地所有者と管理の様子を視察する浅見会長(右)

次世代への環境づくり

水や空気など環境を守ることが大切だと浅見代表は言います。「森林整備に自給自足…自然のすばらしさを次世代に伝えていかねばなりません」。そんな想いから畑周辺にヒマワリやコスモスなど四季折々の花も植えています。浅見代表は「地域の人から『ごみのポイ捨てが減り治安も良くなった』という話も聞きます。魅力あふれる街づくりに繋がれば嬉しい」と話しました。

地域情報紙「タウンニュース」秦野版掲載記事

住所

神奈川県秦野市西田原

問い合わせ

秦野市の里地里山を育む会

電話

080-1202-0420

080-1202-0420

受付けは17時30分以降

公開日:2021-07-26

関連タグ