featureBanner

【3月の野菜はわけぎ】 湘南わけぎと湘南しらすのチヂミ&わけぎと魚介の和えもの

シェアする

湘南わけぎと湘南しらすのチヂミ&わけぎと魚介の和えもの

解禁した湘南しらすと旬のわけぎをたっぷり使ったチヂミ。わけぎの葉に含まれるビタミンCは粘膜を強化したり免疫力をUP!花粉症に悩まされる季節にピッタリの食材です。わけぎを食べてもやもやもすっきり!Let’s育脳!

(1)湘南わけぎと湘南しらすのチヂミ(フライパン26㎝1枚分)

【 材 料 】

わけぎ……1束(200g)

釜揚げしらす……100g

小麦粉……50g

片栗粉……大さじ2

水……1/2cup

卵……1個

塩……2つまみ

ごま油……大さじ2+1

糸唐辛子……適宜

【タレ(混ぜ合わせる)】

酢……大さじ1

醤油……大さじ1/2

ごま……小さじ1

砂糖……少々

韓国(または一味)唐辛子……小さじ1/2

【 作り方 】

①ボウルに水、卵を入れて溶き、小麦粉、片栗粉をダマにならないように混ぜ、塩で調味する

②わけぎは長さ3cmに切り、①に釜揚げしらすと共に混ぜる

③フライパンにごま油を熱し、②を流し入れ、まんべんなく広げ、糸唐辛子をちらし、蓋をして中火で3分焼く

④フライパンより大きな皿を使ってひっくり返し、さらに3分焼く

(この時、鍋肌から、ごま油大さじ1を注ぐ)

⑤④で使った皿にひっくり返しながらとり、粗熱をとり、8等分に切って放射線状に盛り付けタレを添える

(2)わけぎと魚介の和えもの

わけぎは茹でるとぬめりが出て美味しいので、しらすとホタルイカを生姜醤油で和えました♪

【材料】

  • わけぎ
  • ホタルイカ
  • しらす
  • 生姜
  • 醤油

【レシピ提供者】

3月の野菜は【わけぎ】

春を感じる分葱(わけぎ)は、ぬめりと食感が柔らかさが特徴。豚肉やアサリなどの味噌煮との相性が良いです。食べられる期間が短いので、早めに食べると良いです。今回の生産者は岡本重雄さんです。

▼その他の月のレシピを見る

#ちがすきトップページはこちら

問い合わせ

フードディレクター・栄養士 金丸 知奈

メールアドレス

china@canamar.jp

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-03-31

関連タグ

同じ特集の記事