【カナダに留学中、戸塚区の近藤さんの講演会②】高校カナダ留学への道

シェアする

こんにちは。カナダのトロント大学2年生の近藤眞由です。私の留学の体験談をお話しさせていただきたいと思います。

◇近藤眞由 自己紹介

2021年現在、カナダにあるオンタリオ州のトロント大学の2年生です。今、経済と経営学を学んでいます。カナダに行ったのは高校一年生の時で、1年生から3年生まではカナダのボドウェルハイスクールという学校にいました。そして2020年9月からトロント大学に入学しました。

<目次>
◎海外の高校入学を決意するまで/国の選択
◎地域の選択・公立か私立か・学校の選択・・助言はどこから
◎留学への課題/中学の卒業・英語力・資金・入学時期
◎決定打はサマースクール・英検受験・カナダ大使館での面接
◎3年間の高校生活を終えて:一番楽しかったこと
◎これから海外の高校に挑戦する方たちへ伝えたいこと

私は高校1年生から3年生までカナダのブリティッシュコロンビア州バンクーバーにあるボドウェルハイスクールという私立の高校に3年間通っていました。

この写真が私の卒業式の時の写真で、日本人のカウンセラーの先生もいて、そのカウンセラーの先生がいろいろな学校での出来事や友達関係や、お金のこと、親と子の連絡等も取ってくれました。

下が私の高校の頃の写真です。私が高校3年生の時にクリスマスパーティーがあってその時にみんなでダンスを踊ったグループの子たちの写真と、フィールドトリップと言って修学旅行のような1泊2日だけでしたが、ビクトリアアイランドというバンクーバーの横にあるすごくきれいな島で、人も少なくて、昔の建物が多い、昔ながらの街並みの場所に行った時の写真です。大体一緒の学年の子たちです。

クリスマスの時の写真

フィールドトリップで行ったビクトリアアイランド

海外の高校入学を決意するまで/国の選択

ボドウェルに留学しようと決めるまでの話をさせていただきます。

まず最初にどこの国にしますか?という話をトビーズさんと話していて、最初はアメリカのキャンプに行ったのですが、そのアメリカにするべきなのか。それともカナダは留学で有名なのでカナダにすべきなのか。イギリスもいいのではないかなど色々あったのですが、サマーキャンプに行ったときに出会った一人の先生とすごく仲良くなって、すごい良くしてもらったその先生がカナダにいたという事もあり、「カナダはすごくいいところだよ。いろんな国の人たちもいて差別とかもなく、穏やかに過ごせるよ」という話を聞いて、ああカナダがいいな。と思ったのが一つでした。

カナダ

地域の選択・公立か私立か・学校の選択・・助言はどこから

私立か公立かという話ですが、このボドウェルハイスクールは私立ですが、なぜ私立にしたかというのは、まずボドウェルハイスクールは日本人のカウンセラーがいて、その先生が話を聞いてくれるので、サポート面でも手厚くていいなと思ったことが一つ。それと全寮制の学校だったのでホームステイの場合、ホームステイ先の家族と合わなかったときにどうしようかと悩むことも多いかと思うのですが、ボドウェルだったら全寮制だからみんな同じような体験談の子たちが集まっている学校なので、さみしかったりしても友達の支えがあって、友達と24時間過ごせることなんてないから、ボドウェルがいいかなと思ったのも一つです。

あともう一つは、すごいいろんな国から生徒が来ていて人種差別というのもないし、もっと自分の視野を広げたかったので、そのためにはカナダの現地校に行っても、いろんな人と出会えるかもしれないけど、やはりカナダ人がメインになってしまうけど、ボドウェルなど本当に世界各国から出会えるので、視野を広げるためにもこの学校がいいのではないかと思って決めました。

留学への課題/中学の卒業・英語力・資金・入学時期

このボドウェルに入る前にしなければいけなかったこと。ボドウェル側が求めてきたことは、中学3年間の卒業、そして英語力。英語力は私は英検を主に受けていて英検準2級ぐらいまでをとってカナダを受験しました。主に必要な費用は学校の学費や寮費などです。ボドウェルは入学時期が4月と9月と1月の3つあって、それを選ばなくてはいけませんでした。私は4月に入学するのに決めていて、それは日本の学校も4月入学が普通で、私も3月に卒業したのでやはりすぐ行ったほうがいいと思ったので4月入学を決めました。英語が現地校の人についていけるような英語力ではなかったので半年間程は英語をサポートしてくれるクラスにいて、そこからレギュラーのクラスに移って、普通にみんなと数学を学んだり英語を学んだり理科を学んだりするクラスに入りました。

決定打はサマースクール・英検受験・カナダ大使館での面接

なぜボドウェル側が私を受け入れてくれたのかというと、サマースクールでの経験があったのでそこを見てくれたのだと思います。3週間いてサマーキャンプの修了認定ももらえていたので、それを見ていただけたのと、英検があったので、資格面でも英語力があるからいいのではないかということ。いまはコロナでどうなっているのかわりませんが、私が入学する前まではカナダ大使館でカナダの学校の大きなフェアのようなものをやっていて、いろんな学校から先生たちが来ていたのですが、そこに私が行きたかったボドウェルの日本人の先生が一人来ていて、その先生と面接でいろいろなお話をさせていただいて、これならいいのではないかという事で受け入れていただけました。

3年間の高校生活を終えて

一番楽しかったこと

一番楽しかったことは、とにかく日常生活です。24時間友達と一緒にいたし、夜中部屋を抜け出して先生が帰ったのを見計らってみんなでリビングで集まってお菓子をもってネットフリックスでホラーを観ていたら、いろんな人が集まってきてしまい、20人くらいになってしまって怒られたり・・・そういうちょっとしたこともとても楽しかったです。

一番悩んだこと

高校3年間で一番悩んだことは大学の進路です。親は日本に帰ってきてほしかったけど、私はカナダにいてもっと勉強したいと思ったので、その進路についてはみんな悩んでいたと思います。

これから海外の高校に挑戦する方たちへ伝えたいこと

これから海外に行く人に伝えたいことは、積極的にいろんな人に話すことが大事だと思います。日本人は話しかけられるまで待ってしまう性格の人が多いと思うのですが、海外の人は察することができないので一生コミュニケーションが取れなくなってしまいます。積極的にいろんな人に話しかけていくほうが英語力も伸びるし、コミュニティーも広がるので、やはり積極性が大事だと思います。

関連記事

トビーズ「留学ガイドページ」へ

住所

神奈川県横浜市戸塚区

公開日:2022-01-21