【カナダに留学中、戸塚区の近藤さんの講演会③】トロント大学へ留学・コロナ禍でのオンライン授業

シェアする

こんにちは。カナダのトロント大学2年生の近藤眞由です。私の留学の体験談をお話しさせていただきたいと思います。

◇近藤眞由 自己紹介

2021年現在、カナダにあるオンタリオ州のトロント大学の2年生です。今、経済と経営学を学んでいます。カナダに行ったのは高校一年生の時で、1年生から3年生まではカナダのボドウェルハイスクールという学校にいました。そして2020年9月からトロント大学に入学しました。

<目次>
◎大学進学について/なぜカナダの大学へ・将来への挑戦と夢
◎大学進学に向けて カナダの場合
◎カナダの大学の特徴
◎考察(入学試験)の差(高校の成績)
◎家族の希望と自分の意志
◎コロナによるオンライン授業で考えたこと
◎日本で大学1年間を過ごしたことで考えた事
◎海外での大学進学を希望する方たちへ伝えたいこと

大学進学について/なぜカナダの大学へ・将来への挑戦と夢

大学の進学についてですが、なぜカナダの大学に決めたかというと、将来の夢が母の会社をもっと世界に広めていきたいという夢が一つあり、高校の留学を決めました。海外で経営するなら、やはり海外の知識がないとだめだと思い、それなら大学で日本に帰るのはもったいない、カナダの大学に行きたいと思いました。それと、カナダの授業は日本のようにテストだけ。これを覚えろという教育ではなくて、自分たちの考え方を尊重してくれる勉強方針で、例えば歴史の勉強でも、日本だったら、いつ何が起こったというのをテストに書くことが多いけど、例えばカナダで私が受けた授業では「もし私がヒトラーだったらドイツをどうしますか」というようなものだったり。そういった自分の考えを尊重してくれる勉強方針が自分にはあっていたので、日本に戻ってくるよりもそういう勉強をしたいと思ったのでカナダの大学への進学を決めました。

カナダ

大学進学に向けて カナダの場合

今回は私のカナダの大学の進学に向けてのお話をさせていただきます。
私はカナダのトロント大学に通っていてそのために必要だったことをお話しさせていただきます。最初に日本と同じように受験をしなくてはいけなくて、書類選考が主な受験方法です。願書をネットで出したり、高校の成績証明や、ボランティア活動がとても重要で、カナダでは卒業するためには年間30時間のボランティア活動をしなくてはいけません。60時間や120時間以上など大学によって決まっています。また、学部によって「どうしてこの学部に入りたいのか」というエッセイを書かなくてはいけません。エッセイに関しては日本の大学も一緒でした。日本の大学を帰国子女枠で受けた時もなぜこの大学に行きたいのかというエッセイを書きました。

トロント大学

TOFLE,iELTSと言って、日本でいう英検のような英語の資格が必要になっています。カナダの大学だと、iELTSで7ぐらい、TOFLEだと60点以上くらいの高いレベルを求められます。あと、先生からの推薦状も学校によっては必要でした。また、大学に受かるためには、大学はすごく費用が掛かるうえ、海外という事でさらにかかるので、この人がこの大学に本当に必要なのか?という事が審査されます。大体10月、11月に始まって翌年3月位に申込がされ、結果は、カナダでは発表日というのがなくて、11月に出した1週間後に受かりましたとくることもあれば、5月の最後31日に届く人もいます。本当に11月から5月まではみんな緊張してピリピリしています。

カナダの大学の特徴

1.90ある大学のほとんどが州立

2.ほぼ均一で教育レベルが高い

教育レベルが高いといわれていて、そこには自分たちのいいところ、個性を伸ばしてくれるというのが教育レベルが高い理由になっているのではないかと思います。

3.外国人は卒業後3年間のビザ延長

通常は海外に長期滞在するにはビザをとらなくてはいけないのですが、カナダの大学を卒業すると、ビザが3年間延長されていつでもカナダで長い期間滞在することができるそうです。

4.生徒が国際的

また、カナダ自体、カナダ人が少なくほとんどが多国籍・移民で成り立っている国で、クラスでもいろんな国の人たちがいて、オンライン授業になってからはZoomにいろんな国の人が300人くらい入ってくるのが当たり前です。この前も授業で先生が「今何時?」という問いに対して、ほぼ24時間揃っているくらい、朝の7時や夜中の1時と言っているひとがいたり、いろんな国から生徒が来ています。

5.卒業は難しい

単位を取るのがとても難しく、カナダの大学もそうですが、1学期が3か月あってその中で4~6単位とったりする人もいて、1つの単位を落とすと留年になるので、日本だったら「去年何単位落としちゃった」という子もいるかもしれないけど、1単位でも落とすと5年間行かないといけなくなるので、卒業が難しいといわれています。

考察(入学試験)の差(高校の成績)

大学に行くのに最初の関門として高校の成績が必要です。大体オール4以上の子が大学に行きます。カナダではオール4以下の人は短大、ユニバーシティではなくカレッジという日本でいう短大に行きます。日本では短大で卒業資格がもらえますがカナダではもらえません。なので短大に行ってから、ユニバーシティに行かなくてはいけないので6年かかる人もいればもっとかかる人もいます。短大で頑張る子たちは1年遅れくらいで入れる人もいます。学校の成績が重要視されます。

日本で帰国子女の場合

日本で帰国子女枠を受ける場合には、学校の成績も重要ですが、それよりもiELTS,TOFLEのスコアが重要だったり、筆記試験なら小論文がとても重要になります。

カナダでの進学の場合

カナダの進学の場合は学校の成績とiELTSだけなので成績がすべてとなります。

家族の希望と自分の意志

私の場合は家族が日本に帰って来いというスタンスだったのに、私がカナダで勉強したいという考え方の違い、想う将来の違いがあったので親を説得させるのが大変でした。親はこのままカナダにいたら日本に帰って来ないんじゃないか、カナダの人と結婚して日本に帰ってこないんじゃないかと言っていたのですが、そこは自分の思いがあったので説得しました。それならいいところに行けるなら、トロント大学に受かるならいいよと言われて一生懸命勉強して、カナダの大学に行くことができました。

費用

費用も海外の留学生は現地カナダ人の倍かかります。なので費用が大変になるのと、私は一人で行っているので生活にもお金がかかります。

コロナによるオンライン授業で考えたこと

去年の9月から大学に入学して、1年の1年間はずっとオンラインでした。大変だったのは、カナダとはマイナス13時間違うので毎日学校が夜の10時からスタートして一番最後の授業が終わるのが朝の8時ぐらいというのが毎日普通でした。なので、寝るのが親の出勤する朝9時から、夜ご飯を食べるまえ5時ぐらいに起きるというのが普通で、本当に半年以上光を浴びない生活が続きました。この時差というのが本当につらかったです。疲れたなと思って窓を開けても窓の外がいつも暗い。誰かに相談したいと思ってもみんな寝ているから、それが一番つらかったです。また、オンラインなので本当に友達もできない。日本の学校の子たちはオンラインでも会おうよ!となるけど、私の場合はいろんな国なので会えることもなく、日本人を見つけても九州なんだとか北海道に住んでいるんだとか、誰とも会えないのが普通でした。なので、授業でわからないことがあっても日本の大学に行っている友達は、友達に聞けば平気と言っているけど、私は周りに友達がいないので自分で頑張るしかなかったし、自分でどうにか先生にコンタクトを取って勉強するしかなかったです。

対面授業への期待

9月からカナダに行く予定ですが、まだ半分以上はオンライン授業というのがベースになりますが、カナダに行くことで会える友達ができるかなとか、コミュニティが広がるのではないかと期待しています。

人生計画の確認

高校一年生からカナダに留学していますが、留学した目的が母の会社を海外に広げていきたいという事でした。そのためには海外経験が必要だと思ったので留学したのがはじめです。今大学で勉強していることが本当に将来に役立つのか?という事は常に考えて勉強しています。そこがあるからこそ、今友達がいなくても、昼夜逆転でも勉強を頑張っていけるのだと思います。

日本で大学1年間を過ごしたことで考えた事

日本で1年間も過ごすことがとても久しぶりだったので、日本で1年間過ごしたからこそ新しい日本が見えました。ずっとカナダにいたのでカナダの考え方ばかりになって、ちょっとルーズでいいやとかちょっと悪い部分も影響されていたこともあったけど、日本人の時間を守るところとか、約束はしっかりしているところなど、そういうところはしっかりしないといけないなと思いました。

海外での大学進学を希望する方たちへ伝えたいこと

海外で大学に行きたい人は、まず行動することが一つです。色々な大学があるので自分に合った大学を見つけるのも大事だし、卒業するのも大変なのですごく覚悟はいると思います。どの学校が自分に合うか、どの国が自分に合うかというのをしっかり見定めて決めるのが大事たと思うのと、大学というのはとても大きなコミュニティに入ることなので、恐れずにいろんな人とかかわっていくことが大事だと思います。

関連記事

トビーズ「留学ガイドページ」へ

住所

神奈川県横浜市

公開日:2022-01-21

関連タグ