あやとりで結ぶ地域の輪 !横浜市神奈川区で史上最年少の指導員が誕生

シェアする
お気に入りの技の一つ「エッフェル塔」を作る聡志君

 あやとりで新たな地域交流の輪を–。そんな思いで地域ケアプラザなどのイベントで指導にあたるのは、横浜市立神橋小学校2年生の大坂聡志君(7歳)だ。勉強期間はわずか半年。今年の4月に史上最年少で指導員の資格を取得した。「多くの人に楽しさを知ってもらうため、色んな所で活動したい」と、”先生”としての抱負を語った。

わずか半年で認定

 聡志君が取得したのは、国際あやとり協会が認定する「あやとり教室指導員」。実技に加え、あやとりの歴史などの筆記試験などに合格すると認定される。聡志君は、勉強期間わずか半年ほどと異例のスピードで、史上最年少での指導員資格を取得した。

 「外出時の車内での暇つぶしに」と、母・旬子さんに勧められたのがきっかけ。解説本を読んで挑戦するうちに熱中し、自宅の本棚いっぱいに揃えた本に記載されている技を次々とマスター。「最初は私が教えていたけど、あっという間に追い抜かれてね」と旬子さんは語る。

 「難しい技に挑戦して、できる技が増えていくのが楽しい」とその魅力を語る聡志君。「給食袋のひもとか、ちょっとしたものでも、ついつい手が動いてしまう」というほどの熱量と、何時間も続けられる集中力が上達の秘訣。現在は1000以上の技を習得し、自身で考案した技も200以上にのぼる。

六角橋ケアプラで”先生”デビュー

 7月6日には、六角橋地域ケアプラザでボランティアとして、高齢者を前に”先生”デビュー。技を披露すると会場も大盛り上がりで、参加者も懐かしさを感じながら積極的にあやとりに挑戦してくれたという。「緊張もなくとても楽しくできた。面白さを伝えることができて嬉しかった」と、聡志君は初めての体験を振り返る。

 イベントの開催には、両親の尽力があった。「せっかく資格を取れたから、実際に活動できる場所を用意してあげたい」と近隣の施設などに次々と電話をかけた。あやとり指導員という言葉になじみがなく、取り合ってもらえないこともあったというが、無事に指導員としての第一歩を踏み出した。

 今後も同地域ケアプラザでのボランティアや、港北区で開催される地域イベントにも参加予定。聡志君は「少し前までは想像もしていなかった。最近はあやとりをしない人も多いけど、一度でいいからその楽しさに触れてもらいたい」と今後の活動に意欲を見せる。旬子さんも「地域との交流を楽しみながら、感謝の気持ちを持って色んな人と接してほしい」と目を細めた。

神奈川区「支え愛プラン」のページへ

住所

神奈川県横浜市

公開日:2022-07-26

関連タグ