秦野市が、市内「鎌倉殿」ゆかりの地7カ所に説明看板 設置

シェアする
これまでわかりにくかった「八声橋」

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にちなみ、秦野市が市内8カ所あるゆかりの地のうち7カ所に、説明板を設置しました。

看板があるのは、秦野市観光協会が作成し配布している「鎌倉殿の13人の御家人たち秦野ゆかりの地めぐり」に記載されている場所。マップには源実朝公御首塚・大聖山金剛寺・東田原中丸遺跡(田原ふるさと公園)・雨沼山幡松院西光寺・八声橋・頼朝はん・孫佛山観音院・柳川山不動院があり、頼朝はんを除く7カ所に設置されています。

併せて読みたい

きっかけは、秦野市観光振興課に寄せられていた「八声橋が見つけにくい」という声。これまでも一部には石碑などはあったが、「秦野にもゆかりの地があることを秦野市内外に広くPRしよう」と看板を設置する運びとなりました。

記載されている説明文は秦野市生涯学習課文化財・市史担当が作成。看板内にある二次元コードを読み込むと、音声ガイドを聞くこともできます。

「大河ドラマは現在3代将軍実朝の時代で、源実朝公御首塚がある秦野市にとって最も盛り上がるところ。当時に想いを馳せながらゆかりの地を巡り、地元の歴史を知ってもらえたら」と秦野市観光振興課では話しています。

源実朝公御首塚にも設置

「鎌倉殿の13人」ゆかりネタまとめページへ

住所

神奈川県秦野市

公開日:2022-09-23

関連タグ

同じ特集の記事