featureBanner

蓑毛/秘境に咲く日本三大桜「淡墨桜」開花中

蓑毛/秘境に咲く日本三大桜「淡墨桜」開花中

淡墨桜と菜の花の美しい景色広がるライトアップ

日本三大桜の一つ「淡墨桜」(うすずみざくら)が咲き誇る、知る人ぞ知る絶景スポットが、秦野市蓑毛(みのげ)にあります。岐阜県根尾谷にある淡墨桜の子孫の樹として花を咲かせており、近年は蓑毛の町おこしにつながっている、地元秦野市も注目する桜スポットとなっています。

2018年もついに開花。今年は一気に咲き始め、満開に近い状態です(※2018年3月26日現在)。夜桜ライトアップは3月25日から開催中です。

里山の一本桜

蓑毛/秘境に咲く日本三大桜「淡墨桜」開花中

そんな秦野で楽しめる淡墨桜が咲く場所は、蓑毛在住の猪股義晴さんのお宅。登山者やサイクリストなどで賑わうヤビツ峠につながる道沿いのお宅なのですが、淡墨桜は自宅裏の畑に植えられているため、道行く人の目に留まることはありません。大山も望める里山に囲まれた、まさに知る人ぞ知るスポットです。

菜の花との競演も

約30年前、知人から譲り受けた1メートルほどの苗木を植樹。樹全体に花が咲き始めたのは、今から4年前のこと。「見頃に合わせて菜の花も一緒に楽しめるように」と猪股さんの粋な計らいにより、ピンク色と黄色のコントラストが見事な景色が楽しめます。

散り際は墨色に

蓑毛/秘境に咲く日本三大桜「淡墨桜」開花中

蕾は薄ピンク色、満開時には小さく可憐な白い花を咲かせ、散り際は淡い墨色に変わりゆくことから「淡墨桜」と名付けられています。昨年は4月上旬に見頃を迎えました。

ライトアップで一般公開

蓑毛/秘境に咲く日本三大桜「淡墨桜」開花中

そんな蓑毛に咲く淡墨桜を地域で盛り上げ、緑豊かな蓑毛地区の良さを知ってもらおうと、期間限定でライトアップを開催し、一般公開。地域住民がメンバーの「蓑毛地区活性化対策委員会」主催による、桜の町おこしイベントです。昨年は3月下旬から4月中旬まで開催されました。

3月25日から夜桜ライトアップ開催中

昨年は約1,000人が訪れたというライトアップ。「マニアの方が長時間、撮影される姿も。また、岐阜まで淡墨桜を見に行ったけれど、見頃のタイミングが合わなかったという方が情報を聞きつけいらっしゃったりします」と猪股さん。

アクセス方法

自然観察施設「緑水庵」(りょくすいあん)から秦野・清川線沿いに約300メートル上ると会場です。バスを利用する場合は、バス停「蓑毛中」から少し坂を下って左側です。入り口は2つあります。

蓑毛/秘境に咲く日本三大桜「淡墨桜」開花中

バス停「蓑毛中」

蓑毛/秘境に咲く日本三大桜「淡墨桜」開花中

「入り口①」から数メートル下ると「入り口②」があります  

はだの桜特集はこちら

住所

神奈川県秦野市蓑毛453

自然観察施設「緑水庵」から秦野・清川線沿いに約300メートル上る。または、バス停「蓑毛中」から少し坂を下った左側。

問い合わせ

蓑毛地区活性化対策委員会(事務局/猪股さん)

電話

0463-81-8679

0463-81-8679

    関連記事

    人気記事