春の小田原城スタンプラリー・史跡ガイド

このイベントは開催・申込を終了しました

春の小田原城スタンプラリー・史跡ガイド

 架け替えが行われていた小田原城址公園の住吉橋で3月4日、工事完了を記念して渡り初め式が行われた。式典で加藤憲一市長は棟梁を務めた芹澤毅さん(久野)らを讃え、「文化財建造物木工技能者の技術を、継承する力が小田原にあることは誇らしい」と語った。
 芹澤さんの父、伸明さんは1990年の住吉橋の復元工事で棟梁を務めた。親子二代となる偉業を伸明さんは見届けることなく、昨年12月に他界。妻のサヨ子さんは伸明さんの写真を持って、渡り初めに参加した。
 また、今年は北条早雲が二代氏綱に家督を譲った1518年から500年の節目の年。これを記念して、小田原市観光協会では小田原城スタンプラリーを実施。馬出門、住吉橋、銅門、常盤木門を通り天守閣に至る7カ所のポイント全てでスタンプを押すと、歴史見聞館で賞品がもらえるというもの。初日の3月4日に都内から両親と訪れた6歳の男の子はNHK大河ドラマ「真田丸」で北条家を知り、「お城を見ることができて楽しい」と笑顔で話していた。

春の小田原城スタンプラリー・史跡ガイド
 スタンプラリーは3月25日(日)までの毎週土日と3月21日(水・祝)に開催。午前10時から午後3時半(賞品受け取りは4時)まで。台紙は各ポイントで配布。(問)同協会(平日のみ)【電話】0465・22・5002

開催日

2018年3月4日(日)~2018年3月25日(日)

期間中の土日祝日

住所

神奈川県小田原市城内

問い合わせ

小田原市観光協会

電話

0465-22-5002

0465-22-5002

関連記事

人気記事

注目