毎日がグランピング!?山北町は休日が待ち遠しくなる神奈川の田舎町

毎日がグランピング!?山北町は休日が待ち遠しくなる神奈川の田舎町

<目次一覧>

1.豊かな自然環境
2.土地価格
3.買い物スポット
4.保育園・幼稚園
5.循環バス
6.病院
7.山北町へのアクセス&スマートIC完成へ

東京から西へ80キロ。山北町は神奈川県北西部にある人口約1万人のまちです。西丹沢や丹沢湖など山と水の自然豊かな山北町は、まさに自然の宝庫です。

  • ポイント:町域のなんと9割が山岳エリア。本物の「山暮らし」ができる。

毎日がグランピング!?山北町は休日が待ち遠しくなる神奈川の田舎町

都会では味わえない、タイムスリップしたかのような日本の原風景が日常に溶け込んでいます。お気に入りのフォトジェニックな景色がきっと見つかるはず。

▲<目次一覧>に戻る

毎日がグランピング!?山北町は休日が待ち遠しくなる神奈川の田舎町

ユーシン溪谷(山北町玄倉(くろくら)/※2018年1月の崩落により現在通行止め)、大野山や檜洞丸などの西丹沢登山にハイキング、中川温泉や、さくらの湯。春は山北駅前は桜とSLの絶景、夏は川遊びにキャンプ、秋は西丹沢の紅葉に冬は満点の星空。一年のどこを切り取っても様々な魅力にあふれています。

毎日がグランピング!?山北町は休日が待ち遠しくなる神奈川の田舎町

山北町は子どもは子どもらしく、興味尽き果てるまで自然と戯れることができるアウトドアなまち。2011年に廃校となった旧共和小学校は今や山北の情報&イベント発信拠点に。〝達人〟が集う山北ならではの人々との交流や体験ができます。

  • ポイント:「富士山を見に山北つぶらの公園までピクニックに行こうか?」。公園は駐車場無料が当たり前。お金をかけず休日が楽しめる。自然の中にありながらも快適な暮らしで毎日がグランピング気分。

▲<目次一覧>に戻る

毎日がグランピング!?山北町は休日が待ち遠しくなる神奈川の田舎町

60坪470万円…2区画分購入しても予算に収まることも珍しくないです。安価な分、富士山や海の絶景ポイントにとことんこだわった家も建てられます。「平日は都会暮らし、週末は山北で田舎暮らし」も夢じゃない。

  • ポイント:平成30年公示地価(国土交通省資料抜粋※単位:円/㎡)は、東京23区573,200円、横浜市224,500円。そして山北町は40,100円。歴然たる差…。

▲<目次一覧>に戻る

毎日がグランピング!?山北町は休日が待ち遠しくなる神奈川の田舎町

昔ながらの山北駅前の商店街のほか、国道246号線沿いには農産物直売所「とれたて山ちゃん」(山北駅より車で6分)、さらにそこから車で2分で大型スーパー「小田原百貨店」(721号線沿い)とホームセンター「コメリ」の併設型買い物スポットに到着。中川温泉方面には「道の駅山北」も。

  • ポイント:いずれも駐車場無料。ゆっくり買い物を。

▲<目次一覧>に戻る

毎日がグランピング!?山北町は休日が待ち遠しくなる神奈川の田舎町

保育園は計1園、こども認定園計1園(一時保育も実施)。認可保育所「向原保育園」と2つの園舎からなる町立認定こども園「やまきたこども園」(わかば園舎・やまっこ園舎)があります。

  • ポイント:かつてSL(D52)が走っていた山北町。駅前にある「やまきたこども園わかば園舎」の壁面には山北町マスコットキャラクター「でごにぃ」が描かれている。

幼稚園は「岸幼稚園」「三保幼稚園」の計2園。

  • ポイント:いずれも公立幼稚園なので、私学が圧倒多数を占める都会とは異なり、教育費負担も幼少期から抑えられる。

▲<目次一覧>に戻る

毎日がグランピング!?山北町は休日が待ち遠しくなる神奈川の田舎町

地域の足となる循環バスが計2台走っています。思わず写真を撮りたくなるレトロ調とボンネット型の車体バスは観光客にも人気。山北町の花「やまぶき」と豊かな自然を表現した「緑」のツートンカラーです。

  • ポイント:平日19便、土日祝12便で運行。1時間に1本と少ないが一律小学生50円、中学生100円、乳幼児無料と助かる。

▲<目次一覧>に戻る

役場前には総合内科クリニックがあるほか、町内には計7院の地域診療所があります。また、総合病院は県西地域の中核的総合病院である県立足柄上病院(松田町/山北駅から車で約15分)へ。深夜などの急病人対応は「足柄上地区休日急患診療所」(開成町/山北駅から車で約15分)になります。

▲<目次一覧>に戻る

毎日がグランピング!?山北町は休日が待ち遠しくなる神奈川の田舎町

町の中心部にあるJR御殿場線「山北駅」から都心の「品川駅」や「新宿駅」までは電車で約90分、「横浜」は約80分で到着。また、東名高速道路「東京IC」まで車で59分、「横浜駅東口IC」まで約60分、「東名川崎IC」は52分、「横浜町田IC」までは46分です。

  • ポイント:大動脈は国道246号。首都圏まで決して近くはないが十分通える、ほどほど都会に近い神奈川の田舎町。

伊豆、御殿場、長野方面も便利

毎日がグランピング!?山北町は休日が待ち遠しくなる神奈川の田舎町

静岡県と山梨県の県境にある山北町。人気の御殿場プレミアム・アウトレットまでは車でわずか30分、電車でも50分。観光地の伊豆半島や箱根、山梨、さらに長野までの中央道のアクセスも良好です。

  • ポイント:富士急ハイランドまでも60分で行ける、まさに神奈川の「意外と便利な田舎」。

「山北スマートIC」(東京方面のみ)2020年度開通

東京方面へ行く場合はさらに便利に。山北町役場から約15分の東名高速道路「大井松田IC」を利用しますが、2020年度には新東名高速道路「山北スマートインターチェンジ」が開通予定(山北町川西の城山付近/「清水やまなみ橋」が起点)。

  • ポイント:町の途中にスマートICができることでアクセス良好に。もっと便利な山北町に進化。

▲<目次一覧>に戻る

山北町移住なびへ

関連記事

人気記事

注目