相模原給食の歴史を知る『おいしい給食のはじまり~相模原の学校給食の歴史~』@相模原市緑区

このイベントは開催・申込を終了しました

相模原給食の歴史を知る『おいしい給食のはじまり~相模原の学校給食の歴史~』@相模原市緑区

 相模原市立公文書館企画展「おいしい給食のはじまり~相模原の学校給食の歴史~」が1月24日(木)から3月31(日)まで、同館(城山総合事務所第2別館3階)で開かれています。

1889年(明治22年)に始まった日本の学校給食は今年で130年目を迎え、市の公文書で学校給食に関する最も古いものでは、1934年4月19日付で青根村長が県知事宛てに前年度の給食の実施状況報告を行った際の文書が残っています。

ほかにも戦前に牧野村と青野原村で実施していたことを示す文書が残っており、企画展ではそうした市域の学校給食の歴史を紹介しています。

開催日

2019年1月24日(木)~2019年3月31日(日)

開催時間は午前8時45分から午後5時です。
2月11日を除く月曜、第3水曜、2月12日㈫は休館。

住所

神奈川県相模原市緑区久保沢1-3-1

橋本方面からはJR・京王線橋本駅からバス「三ヶ木」「上中沢」「城山」「若葉台住宅(町屋経由を除く)」「小沢」「鳥居原ふれあいの館」行きのいずれか、三ヶ木方面からは橋本駅行きバス、「城山総合事務所入口」から徒歩3分

問い合わせ

相模原市公文書館

電話

042-783-8053

042-783-8053

人気記事

注目