【開発現場・潜入レポ】災害時の電源&充電に!SDGs目指す新横浜のベイサンが廃棄のバッテリーをリユース

シェアする
空間とマッチするデザインで、緊急時は持ち出し可能

災害時、停電になっていざ困るのがスマートフォンの充電切れ…。情報収集や連絡手段の確保は、物理的にも気持ちの面でも重要になってきます。

そんな緊急時、避難所や職場、学校現場などであると安心なのが、停電中でもスマホ等が充電できる非常用電源です。この非常用電源となるリチウムイオンバッテリーの開発・販売で、持続可能な開発目標SDGsに取り組む企業があると知り、今回、新横浜の株式会社ベイサンに潜入取材をさせてもらいました!

横浜市YーSDGsにも認証

お話を伺ったのは、株式会社ベイサンの矢野智久代表。横浜市の認証制度「Y-SDGs」認証企業でもあります。

Y-SDGs認証状を手にする矢野代表

以前からリチウムイオンバッテリーの製造・販売を行っていた同社では、環境に配慮した循環型社会に向け「電池業界として何ができるか」模索してきたそうです。そこで着目したのが、電気自動車としての役目を終えた車用バッテリーでした。

捨てられる電気自動車のバッテリーは、レアメタルの「資源の宝庫」!

バッテリーにはリチウムやコバルト等の希少な鉱物資源(レアメタル)が使用されていますが、車に乗り続けると交換が必要に。しかも捨てる際は焼却処分ができず社会問題となっているそう。

電気自動車の動力用としては役割を終えても、他の用途で使用するにはまだまだ十分な蓄電容量を持つことから、同社では新たなレアメタルを消費するのではなく、捨てられる電気自動車用のバッテリーを「リユース」して別商品に変換させることに、SDGs推進への可能性を見出したのです。

この日も新商品の開発が行われていました

平常時・災害時も活躍のバッテリーへ

こうして1年の開発期間を経て、国産車の電気自動車用バッテリーをリユースした、災害時にも役立つ「R-ARCA」が誕生

平常時から使用しやすい洗練されたデザインで、いざという時に非常用電源として持ち運びできます。

様々な場面で使用可能

最大10個のスマホを同時充電!

こんな場面で大活躍

  • 災害時、自治体や自治会町内会が避難所で
  • 停電等に備え、職場の危機管理に
  • 学校などでの屋外授業に

ユーザー使用後はリサイクルで、循環型社会へ

最終的にユーザーが不要になった際も見通し、リサイクル回収サービスも。開発から回収まで責任を持ち、循環型社会への仕組みづくりに寄与しています。

楽天市場でも販売中

私たちが取り組むSDGs目標

SDGs特集ページへ

住所

神奈川県横浜市港北区新横浜3-13-5宗久ビル

問い合わせ

株式会社ベイサン

電話

045-470-0757

045-470-0757

メールアドレス

service@baysun.net

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-06-10

関連タグ