NEW

ようじで模型 塔や船 50点を自宅併設施設に展示@八王子市上川町:ようじアート館

シェアする
ようじでできたエッフェル塔の模型を紹介する水野さん

秋川街道沿い「上川橋」交差点に近くにつまようじでできた模型を展示している「ようじアート館」(上川町)がある。
 作品を作っているのは上川町在住の水野文男さん(69)。16歳の頃から趣味で作り続けており、7年ほど前、自宅に併設する同館をオープンさせた。
 館内には「8万本使った」という五重の塔や「4年半かかった」という大阪城などの大作から、八王子まつりの山車や「かわいらしい」色付きの和傘などおよそ50点ほどが展示されている。窓越しに館内を見ることができるようになっているが、水野さんが在宅の場合は入館して見学可能となる。
 水野さんはようじを1万本入りのケースで購入し、作業は実物の写真を見ながら1本1本を切って接着し形にしていく。小さなものは頭の中のイメージだけで仕上げることもあるそう。

3年前に作られた嫁入り船

お気に入りは…
 これまで100点以上を手掛けてきたが、一番気に入っているのは「嫁入り船」。4年ほど前、見学に来た館町在住の女性と話す中で、その女性がつるしびなを作っていることを知った。「船に乗せる船頭さんと花嫁さんを作ってくれないかな」と水野さんが頼んだところ、翌年、花嫁さんを作って持ってきてくれたそう。「コラボレーションですね」と水野さんは笑顔でお気に入りの理由を話した。
 館内で最も大きい作品は140cmある「東京スカイツリー」。この春、その高さを超えるエッフェル塔が完成した。2カ月半かけた力作だが、「大きすぎ」て館に入れることができず自宅に展示している。
 模型づくりについて水野さんは「根気が大事」と話す。「納得できて完成。その瞬間が一番嬉しい」(問)【電話】042・654・4468

水野さん宅に併設する「ようじアート館」

住所

東京都八王子市上川町3357

電話

042-654-4468

042-654-4468

公開日:2021-06-11

関連タグ