featureBanner

「藍の花」が育くんだ愛。 茅ヶ崎市芹沢で藍染め工房を主宰・佐野さん夫妻

シェアする
仲睦まじく笑い合う佐野太紀さんと藍さん

出会いの場は、ピンク色の小花が一面に咲き誇る「藍」の畑ー。

茅ヶ崎市芹沢で藍染め工房『 Saiai Studio』を主宰する佐野太紀さん(38)はこの夏、川崎市出身の2つ年上の女性と入籍しました。

「茅ヶ崎の藍染めを広めたい」と、種の採取から藍葉の栽培、染料づくりまで、ひとり手作業で行ってきた佐野さんの歩みは、「最愛の女性との出会い」という思わぬ形で一つの実を結びました。伴侶となった女性の名前は、なんと藍さん。ふたりで育んだ「藍」にまつわる物語を紹介します。

普段は都内を拠点に、バレエの指導者として活躍する藍さん。2020年10月、スマートフォンに、自動更新で一つの記事が上がってきました。藍の花が見頃を迎えたことを伝えるタウンニュースの記事でした。

自分の名前の『藍』の花を実際に見てみたいー。かねてから、そう思っていました。「でも、徳島あたりまで行かないと見られないと思っていた。こんなに近くで見られるなんて」。

記載してあった連絡先にメールし、藤沢北部の畑へ訪れることにしました。

秋晴れの空の下、藍さんは畑で藍の花を鑑賞したり、佐野さんと雑談をしながら栗の実を拾ったり。イギリスやフランス、ニューヨークなど、バレエ留学の経験もあり、読書家で、アートや文化などに造詣が深い藍さん。ふたりのおしゃべりは尽きませんでした。

昨年10月、藍の花が一面に咲き誇った畑の様子

互いに「特別な感情は生まれなかった」と言うものの、「楽しくて、時間が過ぎるのがあっという間だった。気付いたら陽が傾いていた」と笑い合います。

ゆっくりと距離縮め

意気投合したふたりは、その後もメールで情報交換を行うように。工房では、藍染め体験も行いました。趣味の刺繡のための糸を染めたそうです。

藍で染めた糸を使用した藍さんの刺繍。動物の表情や、毛並みなども糸だけで表現。繊細な手仕事は圧巻です

「その時、『この間のお礼に』って畑で拾った栗を甘露煮にして持って来てくれたんです」。佐野さんはそう嬉しそうに目を細めます。

たまたま都内の博物館で「世界の藍」をテーマにした展覧会もあり、一緒に出向いたことも距離を縮めるきっかけになりました。ふたりで過ごす時間が増え、ごく自然な流れで、ともに人生を歩むことを決めました。

ふたりで一緒に出向いた展覧会

藍さんは「出会いのきっかけは不思議だったけれど、結婚という結果自体は全く不思議じゃない」とおっとりと笑います。

出会いのルーツは藍さんの父親

実は「藍」にまつわるエピソートは40年前に遡る。藍さんの名前は、インダス文明を研究する考古学者の父親が「インディゴ(藍)」から名付けたもの。また、「詩人の草野心平さんの『藍』をモチーフにした一編も由来しているそうです」

今年も10月下旬から開花、種の無料配布も

今年も、10月下旬から藍の花が見頃を迎える。「種は11月上旬から採取できると思う。花を観賞したい方や、家庭用に種が欲しい方は声を掛けて」と佐野さん。
 
(問)【メール】hpspjp3@gmail.com、またはフェイスブック「Saiai Studio」からメッセージ

#ちがすきトップページはこちら

住所

神奈川県茅ヶ崎市芹沢

問い合わせ

Saiai Studio

メールアドレス

hpspjp3@gmail.com

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-10-04

同じ特集の記事