featureBanner

「ASOVIVART」の造形作家・吉田裕美子さんが「あそび・絵本」テーマに、新連載をスタート!

シェアする

子どもたちが楽しく、のびのびと成長できる地域づくりのために、あそびやアートのイベントを開催している「ASOVIVART」(アソビバート)。主催者で造形作家の吉田裕美子さんによる連載がスタートしました!

コラムでは、各家庭の絵本を紹介し合う「推し絵本の会」で人気の作品をはじめ、テーマに合わせた絵本とともに、家庭で簡単にできる工作や遊びを紹介します。吉田さんは「親子での『あそびの時間』に役立ててもらえたら、うれしいです」と意気込んでいます。

「絵本をよんでつくってみよう」Vol.1ぶんぶんこま

まわる手作りおもちゃといえば、昔なつかしい『ぶんぶんこま』です。
5月7日に第一カッターきいろ公園で開催した「こま体験会」では、#片瀬こま に負けないくらい
大人にも子どもにも大人気でした。


とってもカンタンに作れるので、基本のつくり方をおぼえたら、厚紙やダンボール、ペットボトルやマッチ箱など…他の素材でいろいろ試して作ってみるのもおすすめです。
※形も四角じゃなくてもまわりますよ!

牛乳パックなどで手持ちをつけると指が痛くなりにくいです!
小学生のみんなはギュンギュン激しく回すので、牛乳パックを重ねたり中心の穴が広がらないように強度をあげると長く遊べると思います。

まわし方に少しコツがいるけれど、小さい子もまわせます!
保護者の方が手を取ってまわしてあげるとコツをつかみやすいですよ〜!

片方ずつ持って、2人で一緒にタイミングを合わせてまわすあそび方もおすすめです⭐︎
(うちの3歳児はこれでおおはしゃぎ♪)

・髪の毛の巻き込みや、勢いよくまわした時のこまに注意してくださいね!

今回の推し絵本は、『まわるまわる』 絵/みやにしたつや(出版社 すずき出版)
2〜4歳くらい向けの絵本です。茅ヶ崎市立図書館でも借りられます!
書庫の本なので受付の方に聞いてみてくださいね♪

生活の中にある『まわる』ものたちがリズミカルにでてきて、まわるもののおもしろさに
ワクワクする絵本です!

『まわるもの』を見つけてみよう♪まわしてみよう♪
そんな話をしながら読んだら、『まわる』あそびを盛り上げてくれるかも!

連載2回目以降のコラムはこちら

#ちがすきトップページはこちら

住所

神奈川県茅ヶ崎市

問い合わせ

ASOVIVART

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-05-20

関連タグ

同じ特集の記事