「明治のクール・ジャパン 横浜芝山漆器の世界-金子皓彦コレクションを中心に-」@横浜開港資料館

このイベントは終了しています
「明治のクール・ジャパン 横浜芝山漆器の世界-金子皓彦コレクションを中心に-」@横浜開港資料館

 安政6(1859)年に横浜が開港すると、この港から漆器・陶器などの工芸品が欧米諸国へ輸出されていきました。海外では精巧で優美な日本の工芸品が大変な人気を呼び、欧米諸国の人びとは工芸品に触れることによって日本の文化に強い関心を寄せました。
 横浜芝山漆器はそうしたもののひとつで、貝や象牙などを漆器の表面にはめ込み花鳥人物を浮かび上がらせる芝山細工の技法を用いて、輸出向けの製品が大量に作られました。
 同展示では、日本の工芸品のコレクターとして著名な金子皓彦氏から貴重な資料をお借りし、横浜芝山漆器を中心に横浜から輸出された工芸品の数々が紹介されています。

開催日

2016年7月22日(金)~2016年10月23日(日)

09:30 〜 17:00

入館は16:30まで 毎週水曜は19時まで開館(入館は18:30まで)
休館日月曜(9月19日、10月10日は開館)、9月20日、10月11日

住所

神奈川県横浜市中区日本大通3

費用

200円
小・中学生 100円

問い合わせ

横浜開港資料館

電話

045-201-2100

045-201-2100