令和4年度<園児募集>横浜市幼稚園協会

シェアする

PR・イベントは終了しました。

私立幼稚園

10月15日から願書配布、受付は11月1日以降

 公益社団法人横浜市幼稚園協会は、今年10月15日(金)から募集要項の配布を開始します。各幼稚園ともに11月1日(月)以降入園願書を受け付けるため、同協会は「願書配布に合わせて開催する説明会などで、各園の教育や保育の理念を感じてもらいたい」と呼び掛けています。

幼稚園は「学校」

 幼稚園は学校教育法に基づく「学校」と定義され、3歳から小学校入学前の子どもは幼児の心身の発達と幼稚園及び地域の実態に即応した適切な教育課程に基づく教育が受けられます。

 来年4月に入園を控える子どもを持つ家庭は、各幼稚園の教育方針や保育内容が気になるところ。横浜市内253園が加盟する同協会では、保護者に幼稚園選びと入園手続きを安心して行ってもらおうと、願書配布を10月15日、受け付けは11月1日以降と定めています。

園によって特長的な保育を行っているところも(画像はイメージです)

各園を見てみよう

 説明会や見学会の日程は幼稚園によって異なるため、入園を検討している園に直接問い合わせることが必要です。2020年からは新型コロナウイルス感染症の影響で、これまでは入園希望者も見学できた運動会などのイベント行事の実施方法を見直した園も多いことから、情報収集に向けては一層主体的な行動が求められています。

お弁当か給食か、も悩むところ(画像はイメージです)

 各園は独自の建学精神に基づいた目標を掲げ、地域の実情や環境を生かした特色ある教育を展開しています。「説明会などでは各園の特色を直接感じることができるので、子どもの表情や保育者の接し方など、ぜひ園の雰囲気を比較してほしい」と同協会は話しています。

先輩ママに聞く!我が家の幼稚園選び

子育て教育相談室

一人で悩まないで、臨床心理士が電話対応

 横浜市幼稚園協会は、保護者や加盟園の先生方を対象に「電話による子育て教育相談」を開設しています。「子供がの癖が気になる」「友達関係に不安がある」「登園をしぶる」「しつけ方がわからない」「発達が心配」など、子育て中で感じている悩みについて、子育て経験を持つ臨床心理士が相談に応じます。匿名の相談も可能です。子育てに迷ったときやお子様の様子が気になる際は、気軽に利用してください。

横浜市幼稚園協会加盟園<市内全18区>

公益社団法人横浜市幼稚園協会 会長 苅込 大

 横浜市幼稚園協会には253の幼稚園・認定こども園が加盟し、すべての園が私立で、3歳から5歳の4万1000人余りの園児が通園しています。地域により環境も、また教育方針や理念も異なりますが、子どもの成長を第一に考えて保育・教育するという事では共通していますので、お近くにある幼稚園の中で、皆様の教育理念にあった幼稚園が必ずあると思います。ぜひ、沢山の幼稚園を見学し、園の教育方針を聴いて、子どもたちの育ちを観ていただいた中で、素敵な幼稚園を見つけていただきたいと思います。また、共働きの保育者様の子育て支援として、2歳児を受け入れている幼稚園や預かり保育を行っている園も多くありますので、各園にお問い合わせください。

 幼稚園に通うこの時期はとても大切な時期です。お子様の成長のために、保護者の皆様と、共に歩んで行きたいと考えております。皆様にとって、素敵な幼稚園とめぐり合えることを心より願っております。

私たちは横浜市幼稚園協会加盟園の幼児教育の推進と地域の子育てを応援します。

開催日

2021年10月1日(金)~2021年12月31日(金)

住所

神奈川県横浜市神奈川区大野町1-25 横浜ポートサイドプレイス アネックス5F

問い合わせ

公益社団法人 横浜市幼稚園協会

電話

045-534-8708

045-534-8708

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-10-01

関連タグ