令和3年度<園児募集>横浜市幼稚園協会

令和3年度<園児募集>横浜市幼稚園協会

公益社団法人横浜市幼稚園協会は、今年10月15日㈭から募集要項の配布を開始する。各幼稚園ともに11月1日㈰以降入園願書を受け付けるため、同協会は「願書配布に合わせて開催する説明会などで、各園の教育や保育の理念を感じてもらいたい」と呼び掛けている。

私立幼稚園

10月15日から願書配布、受付は11月1日以降

 公益社団法人横浜市幼稚園協会は、今年10月15日㈭から募集要項の配布を開始する。各幼稚園ともに11月1日㈰以降入園願書を受け付けるため、同協会は「願書配布に合わせて開催する説明会などで、各園の教育や保育の理念を感じてもらいたい」と呼び掛けている。

幼稚園は「学校」

 幼稚園は学校教育法に基づく「学校」と定義され、3歳から小学校入学前の子どもは幼児の心身の発達と幼稚園及び地域の実態に即応した適切な教育課程に基づく教育が受けられる。

 来年4月に入園を控える子どもを持つ家庭は、各幼稚園の教育方針や保育内容が気になるところ。市内254園が加盟する同協会では、保護者に幼稚園選びと入園手続きを安心して行ってもらおうと、願書配布を10月15日、受け付けは11月1日以降と定めている。

令和3年度<園児募集>横浜市幼稚園協会

園によって特長的な保育を行っているところも(画像はイメージです)

各園を見てみよう

 説明会や見学会の日程は幼稚園によって異なるため、入園を検討している園に直接問い合わせることが必要だ。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、これまでは入園希望者も見学できた運動会などのイベント行事の実施方法を見直した園も多いことから、情報収集に向けては一層主体的な行動が求められる。

令和3年度<園児募集>横浜市幼稚園協会

お弁当か給食か、も悩むところ(画像はイメージです)

 各園は独自の建学精神に基づいた目標を掲げ、地域の実情や環境を生かした特色ある教育を展開している。「説明会などでは各園の特色を直接感じることができるので、子どもの表情や保育者の接し方など、ぜひ園の雰囲気を比較してほしい」と同協会は話している。

令和3年度<園児募集>横浜市幼稚園協会

~はじめての幼稚園選び~教えて!先輩ママ

これからお子さんの就園を考える保護者に向け、実際に幼稚園を利用している母親の視点から、幼稚園を選ぶ際のポイントなどを語り合ってもらいました。

令和3年度<園児募集>横浜市幼稚園協会

―幼稚園選びで重視したことや、情報収集について教えてください。

角田 他のお子さんと一緒に和気あいあいと仲良くできる環境が良かったので、規模が大きな幼稚園よりも少人数で先生が一人一人に声を掛けてくれるようなアットホームな園を選びました。1つ上のお子さんを持つママや、園庭開放でお友達になった先輩ママからの情報は、幼稚園の比較に役立ちましたね。

山上 私は園庭がとても広いところが気に入りました。引っ越し組だったので周りはお話を聞けるお友達がいませんでしたが、説明会に足を運ぶことで園長先生の人柄も良く分かり、「ここにしよう」と決めることができました。

大場 娘が通っている園は私自身も卒園生で、楽しい思い出がいっぱいあったので娘にも同じ経験をしてほしいと思ったんです。他にも何園か見学しましたが、雰囲気も教育方針も私にはすごくいいなと感じられたのが理由です。

―保育園ではなく幼稚園を選んだ理由は?

山上 長時間預ける保育施設よりも、幼稚園教育の中できょうだいやお友達同士が一緒に過ごすことで社会性を育てたかったというのが理由です。普段の生活面も見ていただけるので、教育の部分は幼稚園にお願いして、育児の部分は私たち家族も一緒に成長しようと思って。

 大場 幼少期は自分で育てたいという気持ちが強かったし、保育園は必ず希望取りの施設を選べるわけではないので、どこに子どもを任せるのかを主体的に選ぶと考えると、幼稚園の方が良いと思いました。

―入園後、お子さんに変化はありましたか?

 角田 入園前は私にべったりで、実家に預けるときや夫とお留守番するときも大泣きしてしまって大変でした。でも、初登園の日から全く泣くことがなかったんです。周りから「幼稚園生だね」と声を掛けられるので、本人の中でも気持ちの変化があったのかもしれませんね。

 山上 末っ子なので親にべたべたで、トイレトレーニングも満足にできていなかった段階でした。それでもすんなりと溶け込むことができたのは、やっぱり集団生活のおかげだと思います。譲り合いの心とか、みんながやるから自分もやろうという気持ちが芽生えて、家と幼稚園でしっかりとスイッチを切り替えてくれています。

 大場 年少の頃はお弁当が苦手で幼稚園に行きたくないという時期が続いたんですが、年中になるとパタッとなくなりました。お弁当を食べるともらえるシールを集めるとごほうびの賞状と交換できるのが楽しかったようで、できなかったことができるようになったことが強みになって幼稚園が一層楽しくなったみたいです。

―ご自身の変化についてはいかがでしょう。

 角田 自分が仕事をできるようになるのは娘が小学校に入ってからかなと思っていたんですが、入園後は母離れとまではいかないけれどしっかりと幼稚園に通ってくれたので、「もしかしたら働けるかも」と思い切って入園から2カ月でパートを始められたんです。子どもの協力のおかげで一歩踏み出すことができました。

 山上 幼稚園から帰ってきたら一緒に過ごす時間をしっかりと作れるように家事を凝縮して行うなど、今まで以上に時間の工夫ができるようになりましたし、リフレッシュの時間も生まれて気分的にもすごく楽になりましたね。

―2019年10月から、幼児教育・保育の無償化が始まりました。

 大場 習い事を1つ増やせるなとか、そのまま貯蓄に回せるなとか、家計の面で色々な選択肢が生まれるので助かります。

 山上 一人一人に分け隔てなく対応していただける制度なので、子どもが成長した時に、この国に恩返しのような気持ちを持つことができるきっかけになるのではないでしょうか。

―入園を考えているママさんにメッセージをお願いします。

 角田 幼稚園選びは大変なこともあるかもしれませんが、子どもは親が思っている以上に柔軟。不安にならずに準備を進めてもらいたいですね。

 山上 親はもちろん子どもにとっても、園に足を運んで自分の目で見てお話を聞いて選択することで、納得できる部分は多いと思います。うちの園は園庭の裏でヤギを飼っているんですが、ヤギに草をあげられたのがうれしかったようで、「ヤギの幼稚園」というのが決め手だったみたいですから(笑)。

 大場 自分が子どもにどんな時間を過ごしてほしいかを、自分のライフスタイルと照らし合わせて考えてみるといいと思います。幼稚園であれ保育園であれ、子どものために悩みに悩んで決めたところなら、どれも全部正解だと思いますよ。

子育て教育相談室

一人で悩まないで、臨床心理士が電話対応

 公益社団法人横浜市幼稚園協会は、毎週火曜日・金曜日(年末年始と祝祭日を除く)に「電話による子育て教育相談」を開設している。

 「子どもの癖が気になる」「友だち関係に不安がある」「登園をしぶる」「しつけ方が分からない」「発達が心配」など、子育てや教育の中で保護者が感じている悩みについて、子育て経験を持つ臨床心理士が相談に応じる。

 ①午前10時~正午②午後1時~3時。匿名の相談も可能。相談員は「子育てに迷ったときやお子様の様子が気になる際は、気軽に利用してください」と話している。 ■相談専用ダイヤル☎045・534・8837

横浜市幼稚園協会加盟園<市内全18区>

2歳になったら幼稚園

公益社団法人横浜市幼稚園協会 会長 鈴木 浩

令和3年度<園児募集>横浜市幼稚園協会

 幼稚園は満3歳の誕生日を迎えた4月に3歳児として入園するのが一般的でしたが、現在は満3歳児保育実施園も増えています。平成18年には認定こども園制度ができ、0歳~就学前のお子さんをお預かりする園が増えてきました。さらに0歳~2歳の乳幼児をお預かりする小規模保育事業を実施する学校法人もあります。横浜型預かり保育事業「わくわく!はまタイム」実施園も200園に達しました。待機児童の多くが1、2歳児であることから、既存の幼稚園施設を利活用して幼稚園での2歳児受入を推進する市の補助事業に取り組む園もあります。

 幼児教育の無償化により幼稚園の質の高い教育保育を選択する保護者も増えるなど、保護者の皆様が過ごした乳幼児期とは状況が大きく変化・多様化しました。仕事をしていても幼稚園が選択できる時代となり、女性の働き方や生活様式も以前とは違い共働きやパートをしやすい社会環境になりました。保護者自身がライフスタイルに合わせて自由に園選びができるようになったわけです。

 幼稚園の魅力は多くの子どもたちと共に育つ中で磨かれるコミュニケーション能力や、幼児期の特性を踏まえた環境の中で小学校以降の学びの基礎が培われることそしていくつもの園を見学し、わが子にとってベストな園を自分で選択できる点にあります。

 横浜市内協会加盟園254園の私立幼稚園・認定こども園にはそれぞれの特徴があります。その違いや魅力を見つけていただき、お母様とお父様が最良の環境の園に大切なお子様を通わせることができるよう、お選びいただきたいと思います。

令和3年度<園児募集>横浜市幼稚園協会

私たちは横浜市幼稚園協会加盟園の幼児教育の推進と地域の子育てを応援します。

令和3年度<園児募集>横浜市幼稚園協会

令和3年度<園児募集>横浜市幼稚園協会

住所

神奈川県横浜市神奈川区大野町1-25 横浜ポートサイドプレイス アネックス5F

問い合わせ

公益社団法人 横浜市幼稚園協会

電話

045-534-8708

045-534-8708

注目