featureBanner

【特別インタビュー前編】SNSで茅ヶ崎情報を発信している『茅ヶ崎テレビ』ってどんなグループ?会社なの?テレビ局なの?

シェアする

茅ヶ崎の最新ニュースやお得情報、そして、美しい海や風景写真などをTwitterやFacebook、Instagram、YouTubeなどで発信している『茅ヶ崎テレビ』。茅ヶ崎市内に住んでいる人や「茅ヶ崎」で検索をしたことがある人なら、一度は「オレンジ色の烏帽子岩」のロゴが入った投稿を見かけたことがあるのではないでしょうか?茅ヶ崎の魅力を発信している『茅ヶ崎テレビ』を特別インタビューしました!

「茅ヶ崎テレビ」のFacebook、Instagram、YouTube オレンジ色の烏帽子岩のアイコンが目印!

前編では、『茅ヶ崎テレビ』の誕生秘話や裏話について、発起人でCEOの藤川忠彦さんにお話をお聞きしました。

「パシフィックホテル」が描かれたTシャツを着てきた藤川さん。実はこのイラストを手掛けたのは、茅ヶ崎テレビのメンバーのお父様! 「たまたま。後から知りました」というから、すごい巡り合わせです

藤川 忠彦さん(茅ヶ崎テレビ発起人・CEO)/兵庫県神戸市出身。都内を拠点に、コンピューター技術を駆使し、映画や舞台、テレビ、ビデオ向けの作曲や編曲を音楽制作を行う。結婚を機に茅ヶ崎へ。IT関連事業や音楽・映像プロデュースなど、幅広い事業を手掛けている。

はじまりはTwitter、「@chigasaki」で震災情報を発信

名前に「テレビ」という冠を掲げ、動画も数多く配信している『茅ヶ崎テレビ』ですが、はじまりはTwitterでした。時は2007年まで遡ります。

藤川さん 「茅ヶ崎ではまだツイッターを使っている人が少ない頃で、ぼくの趣味の一環で『@chigasaki』のアカウントで、何となく茅ヶ崎のことを発信していました。その数年後の東日本大震災の時に、電話はつながらないけれどTwitterは動いていた状況だったので、『じゃあ、Twitterを使って情報発信しよう』ということで、『茅ヶ崎情報』という名前で、地震関係や計画停電の情報についてツイートを始めるようになりました。特に計画停電の情報が錯綜していたので、それを全部調べ上げて、まとめて整理して発信していました。そうしたら、とてもニーズがあって、1日で何千人という人がフォロワーになってくれて。それで使命感みたいなものが生まれて、積極的に茅ヶ崎の情報を伝えるようになりました」

「Twitterで茅ヶ崎の震災情報を発信したことで市民に広く知られるようになりました」と発起人の藤川さん

地震情報は速報性が必要ですが、茅ヶ崎の場合、テレビのニュース速報から情報は拾えません。当時はリアルタイムでローカルな情報を取る手段が無かったので、非常に頼りにされたそうです。

2010年には、動画共有サービスUstream(ユーストリーム)で、毎週金曜日に2~3時間、茅ヶ崎のいろんな方をゲストに呼んでインターネット生放送するように。そこで初めて、番組名として『茅ヶ崎テレビ』の名前が誕生します。

藤川さん 「最初はひとつの番組名だったんです」

その後、Facebookもはじめ、動画配信や投稿記事に、メンバーが撮影した茅ヶ崎の朝陽や夕陽の写真を入れるようになり、現在の形になりました。

撮影中の合間にピース!

全員ボランティア!音楽やカメラ…それぞれの「好き」をカタチに

運営するメンバーは、藤川さんをはじめ、全員がボランティア。しばらく活動をしていない人も含めると、14、15人のメンバーがいるそうです。かつては撮影や編集などを行う活動拠点がありましたが、現在はそれぞれの拠点で活動を行っており、メンバー同士、顔を合わせたことが無い人も多いとか。

藤川さん 「ぼくたちは計画的に『これを始めよう』と進めたことはありません。いろんな方との出会いの中で『じゃあ、一緒にやりましょう』という感じですね。メンバーも大きな役割や担当みたいなものはありますが、それぞれ好きな時に好きなことを『茅ヶ崎テレビ』という媒体を使って、展開しています」

音楽編集を行う藤川さん

その言葉通り、メンバーには年齢も出身も、職業もバラバラな個性豊かな顔が並びます。音楽・映像プロデューサーに動画編集者、カメラマン、会社経営者、ミュージシャン・・・。共通しているのは「茅ヶ崎が大好きだから、茅ヶ崎の魅力を発信したい」「茅ヶ崎の人に有意義な情報を伝えたい」という思いだけです。

市民目線で「有意義で正確な」情報を

現在はそれぞれの得意分野を発揮しながら、Twitter、Facebook、Instagram、YouTube、Clubhouse(招待制の音声SNS)の5つのコンテンツを運営しています。茅ヶ崎の自然やイベント、お店、企業、人を紹介して、茅ヶ崎の魅力を発信。サザンオールスターズや茅ヶ崎出身の桑田佳祐さんの情報も積極的に紹介しています。そんな地道な活動の甲斐あって、年々ユーザーが増加。Facebookの「いいね!」とフォロワー数ともに約3.5万人、Twitterは1.1万人のフォロワーを抱えます。

藤川さん  「僕たちはテレビ局や新聞社とは違って、あくまでも市民メディアです。市民目線で、『あそこに新しい店ができたよ』『今日の夕陽キレイだったね』といった「井戸端会議」の延長線の情報を届けています。投稿やメッセージに届いたニーズや質問に応える形で発信するようにしています。そこは提案型の大手メディアとは、逆の発想だと思います」

永田てるじさんの番組「パワーアップ神奈川」。撮影の裏側はこんな感じです。照明など、本格的ですね!

藤川さん 「一番気を付けているのが、『情報の正確さ』です。ユーザー数が少なかった頃は、『〇〇らしいよ』といった小耳にはさんだ情報を発信していたこともありましたが、今では一度調べてから、責任感を持って発信しています」

3本柱は「キュレーション」「海写真」「動画」

現在の活動の柱は3つ。1つ目は、各メディアやサイトの情報を取捨選択して共有発信する「キュレーションメディア」としての役割。茅ヶ崎市の広報や地域メディア、人気ブロガーが発信する情報をタイムリーに共有しています。

そして何といっても一番人気があるのが、2つ目の柱です。主に2人のカメラマンが毎日手掛けている茅ヶ崎の海の写真の投稿です。一般のキュレーション記事の数十倍の「いいね!」やコメントがつきます。

3つ目は、完全オリジナルの動画です。県議会議員の永田てるじさんの番組をはじめ、「美と健康」をテーマに、市内のお店やサロンでの体験動画、「グーグルアース」を使った茅ヶ崎のバーチャル散歩、地元ミュージシャンのライブ番組「湘南mtv」など、豊かなバリエーションの番組を発信しています。

藤川さん 「茅ヶ崎テレビと名前を掲げているくらいなので、本当はもっと動画を上げなくてはならないんですけれどね」

茅ヶ崎は「みんなでやろうよ!」というポテンシャル高い街

茅ヶ崎は他の街と比べて、いろんな意味で「ポテンシャルが高い」と感じています。

藤川さん 「実は、茅ヶ崎のTwitterのように、辻堂や藤沢、平塚バージョンも作ろうと試みたことがあるんです。若い子たちに声を掛けたんですが、全然立ち上がってこなくて。茅ヶ崎は『よし、みんなでやろう!』という意識が高くて、エネルギーがある。そして、茅ヶ崎が好きで、茅ヶ崎に住んでいることを誇りに思っている。『茅ヶ崎いいでしょ!うらやましいでしょう!』という感覚がどこかにあるのかもしれませんね。面白い街ですよね。これは茅ヶ崎の特徴で、茅ヶ崎だけがいろんなことに挑戦できる街だと思ってます」

海の家での撮影は、湘南・茅ヶ崎ならではの醍醐味です。写真に写っているのは、音響担当の小林真大さんです

こんな興味深いエピソードも。

藤川さん 「Twitterを始めた当初、「どこどこ、なう」という投稿が流行っていたので、南口の『一坪亭』という居酒屋でひとりで呑んでいた時に「一坪亭なう」とつぶやいて、「誰か一緒に呑みませんか」というような投稿をしたんです。そしたら、投稿を見た50人くらいがお店にどっと来て、超満員になっちゃって。「どこどこなう、でツイートしただけで、これだけの人が集まるのは面白いな」と思って。そこで、茅ヶ崎から江の島まで歩いて行くというイベントを開催したら、400人も参加してくれたんです。その後も、800人くらい参加してくれたイベントもありました」

IT×ローカル = 茅ヶ崎人を動かすエネルギー

藤川さん 「『Twitter」の運営元である米サンフランシスコを一旦経由して、茅ヶ崎の人たちが実際に出会っているなんて、すごいエネルギーだなと感じました。ITとローカルを組み合わせると、こんな化学反応が起こるんだと思って、すごくワクワクしたのを覚えています。それを実現できるのは、『地元で人とつながりたい、何かやりたい』と思っている人が多い茅ヶ崎だからこそだと思います。今は、コロナで難しいですが、また同じようなイベントを企画できたらと思っています」

年齢も仕事も得意分野もさまざま…個性豊かなメンバー

近日中に【後編】も公開します。お楽しみに!

茅ヶ崎テレビ

ホームページ https://www.chigasaki.tv/
Twitter    https://twitter.com/chigasaki
Facebook  https://www.facebook.com/chigasaki
Instagram    https://www.instagram.com/chigasaki.tv/

#ちがすきトップページはこちら

住所

神奈川県茅ヶ崎市サザンビーチ

問い合わせ

茅ヶ崎テレビ

メールアドレス

info@chigasaki.tv

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-05-26

関連タグ

同じ特集の記事