【県西いやしの旅 中井編】都心から好アクセス ホタルも生息する自然を残す「週末の秘密基地」

シェアする

中井町は、町の北部にある東名高速道路秦野中井ICが都心から約65分とアクセス良好。幅広い世代から人気の中井中央公園や、ホタルが生息する湿生地など恵まれた自然環境があり、未病改善を実践できるまちです。そんな親子で遊べる「週末の秘密基地」でほっと一息つきませんか。

【目次】
中井中央公園
ハートの丘
里やま直売所・なかい里都まちCAFE
厳島湿生公園
震生湖

中井中央公園

中井中央公園と富士山(写真提供:中井町)

秦野中井ICから車で約5分の「中井中央公園」は、そのアクセスの良さから県内はもちろん、都心からも多くの家族連れが訪れる人気スポットで、神奈川県の未病いやしの里の駅(運動の駅)にも登録されています。町のほぼ中央部の丘陵地に整備された約18haの広大な園内には、200本を越えるサクラをはじめ、サツキツツジやキキョウ、キンモクセイ、ウメなど23種類の花木が咲き誇り、季節によって異なる表情で訪れる人の心をなごませてくれます。子どもたちに大人気の「遊びの広場」には、全長101.7mのローラー滑り台や、ターザンの気分が味わえる全長20mのロープスライダーなど14種類の遊具がそろっています。

「水辺の広場」で楽しむ来場者(写真提供:中井町)

長さ40mのせせらぎと直径22mの親水池から構成される「水辺の広場」は、夏の人気スポットです。涼を求める家族連れが遠方からも集まり、びしょ濡れになりながら水遊びをしている光景は夏の風物詩となっています。このほか、サッカーや陸上競技ができる「多目的グラウンド」や天然芝を備える「野球場」、四季折々の自然の変化を感じながら起伏に富んだコースが楽しめる「パークゴルフ場」(18ホール・クラブなど無料貸出し)もあり、訪れる人の目的に合わせて「運動」を通じた未病の改善を実践できます。

■中井中央公園
場所/神奈川県足柄上郡中井町比奈窪580
問い合わせ/中井町まち整備課:0465-81-3901
https://www.kanagawaparks.com/nakaichuo/(中井中央公園公式ホームページ)
駐車台数/166台
※身障者・幼児用トイレ完備

▲<目次>に戻る

ハートの丘

ハート形のモニュメント

中井中央公園は国土交通省が選定した「関東の富士見百景」に選ばれており、園内の各所で富士山を眺めることができます。そのなかでも「ハートの丘」は必見です。標高116mの高さにあるこのハート形のモニュメントは、平成30(2018)年に中村と井ノ口村の合併による「なかい誕生110年」を記念して設置されました。晴れた日にはハートを額縁に見立てて富士山を眺めることができ、フォトジェニックな1枚を撮影できる絶好のスポットとしても人気です。

■ハートの丘
場所/神奈川県足柄上郡中井町比奈窪580 (中井中央公園内)
問い合わせ/中井町まち整備課:0465-81-3901
https://www.town.nakai.kanagawa.jp/forms/info/info_print.aspx?info_id=4283

▲<目次>に戻る

里やま直売所・なかい里都まちCAFE

新鮮な農産物が並ぶ里やま直売所

「里やま直売所」は、中井中央公園の中にある農産物の直売所です。地元の農家が手塩にかけて育てたダイコンやキャベツ、レタス、ネギ、サトイモ、ブロッコリーなどシーズンに合わせて新鮮な農産物が並びます。おいしい地元産の農産物をきっかけに「食」から未病の改善を実践してみるのもいいかもしれませんね。

なかい里都まちCAFEの外観

中井中央公園で思いっきり遊んでお腹がすいたら、公園内にある「なかい里都まちCAFE」へ行ってみましょう。軽食メニューが充実しており、お店の方は、「シェフが選んだ季節の野菜を使った里都まち丼や、地元特産のオリジナルラーメンなどがおすすめ」と教えてくれました。店内では中井町認証ブランドの商品や地元農産物、雑貨類なども販売されています。

■里やま直売所・なかい里都まちCAFE
施設名/里やま直売所
場所/神奈川県足柄上郡中井町比奈窪580(中井中央公園内)
問い合わせ/里やま直売所:0465-81-9051
https://www.town.nakai.kanagawa.jp/forms/info/info.aspx?info_id=3677
営業日/毎週土曜日、日曜日
営業時間/9:00∼15:00

施設名/なかい里都まちCAFE
場所/神奈川県足柄上郡中井町比奈窪580(中井中央公園内)
問い合わせ/なかい里都まちCAFE:0465-20-7393
https://www.satomachicafe.com/
https://www.facebook.com/satomachicafe/(Facebookページ)
営業日/火曜日~日曜日
定休日/月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日休み)
営業時間/10:30~17:00(4月~9月) 10:30~16:00(10月~3月)

お得なクーポンはこちら

▲<目次>に戻る

厳島湿生公園

厳島湿生公園

「厳島湿生公園」は、豊かな湧き水をたたえる湿生地の保全を目的に整備された公園です。中井中央公園から2.3㎞ほど離れた場所にあり、徒歩なら30分程度で到着します。令和3(2021)年にリニューアルした木造の遊歩道を進んでいくと、中心には地元の方から「弁天さん」と親しまれている厳島神社があります。また、きれいな水辺に生息するゲンジボタルやヘイケボタル、カワセミ、ホトケドジョウといった希少な生き物を見ることができます。

光を放ちながら夜空を舞うホタル(提供:中井町)

水辺に集まる生き物たちの中でも、ホタルによる光の演出は見逃せません。ゲンジホタルは5月中旬から下旬にかけて、ヘイケボタルは6月下旬から7月中旬にかけて淡い光を放ちながら夜空を舞い踊ります。

幻想的な空間が気持ちをリラックスさせてくれます

5月に行われる「竹灯篭の夕べ」は、平成18(2006)年から始まった人気イベントです。周辺地域に群生する竹林の整備によって出た竹を利用して作られた約3,000本の竹灯籠が、公園内の斜面や木道に並べられます。竹灯籠から漏れ出る柔らかな光が公園全体を包み込み、気持ちを穏やかにしてくれます。また、冬には約3,000個のランタンとイルミネーションを楽しむことができる「あかりの祭典」も開催されます。詳しくはこちら
※最新の開催状況は、ホームページをご確認ください

■厳島湿生公園
場所/神奈川県足柄上郡中井町井ノ口1310
問い合わせ/中井町まち整備課:0465-81-3901
https://www.town.nakai.kanagawa.jp/forms/info/info.aspx?info_id=3710

▲<目次>に戻る

震生湖

震生湖の様子。秋には紅葉が美しいのも特徴

「震生湖」はその名の通り、大正12(1923)年9月1日の関東大震災によって斜面が約250mにわたって地滑りを起こし、土砂が市木沢(いちぎさわ)をせき止めて生まれた湖です。このようにせき止められて生まれた湖が現存するのは珍しく、地震による地形変化の規模の大きさなどを今に伝える意義深い例などの理由で令和3(2021)年3月に国登録記念物(動物、植物及び地質鉱物関係)に登録されました。湖畔には適度な起伏を楽しみながら20分から30分程度で湖を一周できる遊歩道があり、観光地として親しまれています。ここをのんびりと散策しながら、「いやし」の未病改善を実践するのも良さそうですね。

■震生湖
場所/神奈川県中井町境別所
問い合わせ/中井町産業振興課:0465-81-1115
https://www.town.nakai.kanagawa.jp/forms/info/info.aspx?info_id=4283

訪れる人の目的に合わせて、アクティブな休日も、のんびりした休日にも対応できる中井町。豊かな自然を生かした未病改善スポットが数多くあります。お休みの過ごし方に迷ったときは、この「週末の秘密基地」のことを思い出してみてください。

県西いやしの旅ページへ

公開日:2022-03-02

同じ特集の記事