川崎市岡本太郎美術館「岡本太郎と日本の伝統」展

このイベントは開催・申込を終了しました

川崎市岡本太郎美術館「岡本太郎と日本の伝統」展

岡本氏が撮影した桂離宮(1955年)=同館提供

 生田緑地の川崎市岡本太郎美術館で、企画展「岡本太郎と日本の伝統」が開催されている。「日本の伝統」とは何かを再考する機会として、岡本氏が撮影した写真作品を展示している。

 岡本氏は1951年、東京国立博物館で縄文土器を目にし、その4次元的な造形力に衝撃を受けたという。以来、本来の日本の文化や日本人の美意識について考察を深め、1956年に著書「日本の伝統」として結実。企画展では、同書のためにシャッターを切った写真から、縄文土器や京都の古刹の庭園など、新たにプリントした写真を中心に並べている。

「伝統とは創造である」という岡本氏の精神を受け継ぐ現代芸術家として、小沢剛氏、鈴木伸吾氏、天明屋尚氏の作品も紹介している。

生田緑地の取材レポはこちら

開催日

2019年4月27日(土)~2019年6月30日(日)

午前9時30分から午後5時
月曜休館

住所

神奈川県川崎市川崎市岡本太郎美術館

費用

900円
高校・大学・65歳以上700円、中学生以下無料

問い合わせ

川崎市岡本太郎美術館

電話

044-900-9898

044-900-9898

関連記事

人気記事

注目