<鎌倉・長谷寺が新たに仏像公開 >大河ドラマ「鎌倉殿の13人」放映と本尊1300年で

シェアする
公開中の仏像(長谷寺提供)

  長谷寺境内の「観音ミュージアム」で3月18日から、勢至菩薩(せいしぼさつ)坐像=写真左=と弥勒菩薩(みろくぼさつ)坐像=写真右=の常設展示がスタートした。

非公開だった仏像を公開に

 NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の放映と、長谷寺本尊造立1300年の記念行事が重なる今年、これまでは非公開だった同館所蔵の仏像の公開に踏み切った。

 勢至菩薩は、鎌倉殿の御家人・畠山重忠ゆかりの像と伝えられる。一方の弥勒菩薩は、江戸時代に作られ、長谷寺本尊と深い縁で結ばれている。

「鎌倉殿の13人」ゆかりネタまとめページへ

住所

神奈川県鎌倉市長谷寺境内の「観音ミュージアム」

費用

入館料
大人 300円
小人 150円
*長谷寺拝観は別途

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-04-09

関連タグ

同じ特集の記事