featureBanner

「やっぱり和食はすごい」 腸活ボーイ® 連載 Vol.10/文教大学・笠岡 誠一 教授

シェアする

今月のテーマ「やっぱり和食はすごい」

和食はやっぱりすごいんです。2013年、「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されました。

ヘルシーなイメージの和食ですが、具体的にはどんな献立が良いのかを調べた研究があります。1960年、1975年、1990年、2005年の平均的な献立を再現し、それを粉末にして実験用の小動物に食べさせました。その結果、一番長生きし、学習能力が高く、がんや糖尿病の発症率が低かったのが、1975年の献立だったのです。

1975年の献立の一例を紹介します。朝食はご飯とみそ汁(キャベツと油揚げ)、卵焼き、納豆、リンゴ半分、昼食はきつねうどん(油揚げ、かまぼこ、ホウレンソウ、刻み葱)、ミカン2個、夕食はご飯、澄まし汁(白菜とワカメ)、五目豆、サバのみそ煮です。

米飯を中心に野菜もしっかり摂取しています。この献立を基本形として腸活していきましょう。 

【引用】都築ら, Nutrition (2016) 32, 122

▼あわせて読みたい腸活ボーイコラム

#ちがすきトップページはこちら

住所

神奈川県茅ヶ崎市行谷1100/文教大学湘南キャンパス

公開日:2022-09-14

関連タグ

同じ特集の記事