featureBanner

<のんびり街歩き>はだの桜みち&名水・寺社巡りの秦野市街地コース

シェアする
島根県出雲大社の分祠で関東の縁結び神社「出雲大社相模分祠」
島根県出雲大社の分祠で関東の縁結び神社「出雲大社相模分祠」

※新型コロナウイルスの感染拡大防止により施設の営業時間・イベントなどが変更されている場合があります。最新の情報は各施設にお問い合わせください。

手軽で便利な秦野市街地周辺で歴史文化やグルメを楽しみながら桜散策をしたい方におすすめ。神奈川県内で一番長い桜並木「はだの桜みち」(県道62号線)を中心に巡る秦野市街地コースを紹介します。 

  • コース:秦野駅南口ー今泉名水桜公園ーはだの桜みちー白笹稲荷神社ー出雲大社相模分祠ー渋沢駅北口
  • レベル:★★☆
  • 歩行時間(目安):約1時間10分
  • 歩行距離:約5.2km

閑静な住宅街が広がる秦野駅南口を出発し徒歩約5分。

建築家の安藤忠雄さんが設計に携わった公園一体型の寺院「太岳院(たいがくいん)」が現れます。

隣接する湧水と桜の景色が美しい「今泉名水桜公園」(いまいずみめいすいさくらこうえん)は、ほぼ一年を通して桜が楽しめるように開花時期が異なる18種類の桜が植樹されており、“桜のリレー”が繰り広げられている公園です。 

ほどなくすると、丹沢を一望できる高台住宅地「今泉台」に出ます。外国を思わせる統一感ある色調の住宅地。斜面を生かした庭園の緑は目を奪われます。

その後はいよいよ神奈川県内で一番の長さを誇る桜並木「はだの桜みち」に入ります。全長6.2kmの桜のトンネルです。交差点「白笹稲荷入口」を右に進みます。

大きな赤い鳥居が目印の「白笹稲荷神社」(しらささいなりじんじゃ)近くに は白笹の名を冠した手打ちどん屋「白笹うどん多奈加」があります。こしのあるうどんがいただけます。 

再び「はだの桜みち」へ。関東の縁結びの神社であり“パワースポット”として知られる、島根県出雲大社の分祠「出雲大社相模分祠」に到着します。

美しく整頓された広い境内に舞う桜の花びらの景色は、シャッターチャンス。素敵な御朱印でさらにパワーをいただきましょう。神社の裏で湧水発見。 

秦野の台所「じばさんず」(JAはだの)では秦野特産物さくら漬けなど豊富な品々を販売。お土産探しにいかがでしょう。桜並木が続く工場地帯を歩いていくと、最終地点である渋沢駅北口です。 

秦野さくら特集

公開日:2021-02-02

同じ特集の記事